ホーム > 自然・環境 > 環境・エコ > 雲雀平風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する意見の概要

更新日付:2016年6月6日 環境保全課

雲雀平風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する意見の概要

計画段階環境配慮書

審査会意見
  • 事業実施想定区域周辺においては、既存及び計画中の風力発電事業が複数存在することにより、累積的な環境影響が懸念されることから、環境影響評価方法書以降の手続において、累積的な環境影響が想定されるものについては、適切な手法により調査、予測及び評価を行うこと。
  • 湿地等に生息・生育する種に関して、水辺環境の改変は行わないことを理由に影響はないとしているが、当該地域の南側には、東西に走る沢が入り込み、その下流には河口に向かって湿地帯が広がっており、丘陵部の改変に伴って土砂などが水辺環境に流入することで環境が変化する可能性が考えられることから、水辺環境に生息・生育する動植物への工事の実施に伴う影響を調査、予測及び評価すること。
  • 施設の稼働による騒音及び風車の影が、事業実施想定区域の近隣に存在する複数の住居に対して、重大な影響を及ぼすおそれがあることから、風力発電設備の配置等計画の具体的な検討に当たっては、水平距離だけではなく、風向、地形及び方角を十分勘案することとし、その内容を環境影響評価方法書以降の図書に記載すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺では、希少猛禽類等の生息が確認されており、また、ガン類・ハクチョウ類等の渡り鳥の移動経路にもなっている。これらの鳥類に対する重大な影響を回避又は低減するため、地元の複数の専門家から生態特性を聴取した上で、風力発電設備の配置等を検討すること。
知事意見
  • 施設の稼働による騒音及び風車の影が、事業実施想定区域の近隣に存在する複数の住居に対して、重大な影響を及ぼすおそれがあることから、風力発電設備の配置等計画の具体的な検討に当たっては、水平距離だけではなく、風向、地形及び方角を十分勘案することとし、その内容を環境影響評価方法書以降の図書に記載すること。
  • 事業実施想定区域及びその周辺では、希少猛禽類等の生息が確認されており、また、ガン類・ハクチョウ類等の渡り鳥の移動経路にもなっている。これらの鳥類に対する重大な影響を回避又は低減するため、地元の複数の専門家から生態特性を聴取した上で、風力発電設備の配置等を検討すること。
  • 湿地等に生息・生育する種に関して、水辺環境の改変は行わないという理由で影響はないとしているが、当該地域の南側には、東西に走る沢が入り込み、その下流には河口に向かって湿地帯が広がっており、丘陵部の改変に伴って土砂などが水辺環境に流入することで環境が変化する可能性が考えられることから、水辺環境に生息・生育する動植物への工事の実施に伴う影響を調査、予測及び評価すること。
  • 事業実施想定区域周辺においては、既存及び計画中の風力発電事業が複数存在することにより、累積的な環境影響が懸念されることから、環境影響評価方法書以降の手続において、累積的な環境影響が想定されるものについては、適切な手法により調査、予測及び評価を行うこと。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度