ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > エコ・アドバイザー養成講習会★実施レポート(十和田編)

更新日付:2014年10月3日 環境政策課

エコ・アドバイザー養成講習会★実施レポート(十和田編)

 青森県では、より多くの皆様にエコドライブを知っていただくために、エコドライブ講習会のインストラクターとなる「エコ・アドバイザー」の養成講習会を実施しています。

 県内の自動車関連業界(販売、教習所、運送、旅客等)にお勤めの方や、地球温暖化防止活動をされている自治体・NPO法人などの職員の方を対象にした講座で、県主催のエコドライブ実技講習会でのインストラクターだけでなく、御自身がお勤めの職場でも実践していただきたい方々ばかり!
 今年度は県内4地区(八戸市・弘前市・十和田市・青森市)で開催しますので、当日のようすをレポートしたいと思います。

 さて、今回はエコ・アドバイザー養成講習会「十和田編」の報告です!


※「エコドライブ」とは?→詳しくはこちら(http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html
開催日時
平成26年9月24日(水)9:00~16:00
開催場所
十和田中央モータースクール(十和田市東十四番町52−1)
受講者数
8名
講習会レポート
今年度は夏季と秋季に分けて募集しているエコ・アドバイザー養成講習会ですが、秋季第1回目は十和田市です。
会場は、十和田中央モータースクールさんに御協力いただきました。
開講式で講習内容の説明を受けた後、すぐに走行コースに移ります。
講習会では、3人1組の班に分かれ、それぞれインストラクターがつきます。
普段どおりにまず運転。そのときの燃費を計測し、後で座学受講後に走行したデータと比較します。ついつい意識して、いつもと違う運転にならないように注意が必要です。
そして、DVDを使ってエコドライブの運転操作方法についてわかりやすく説明。

車間距離を詰めて走りがちな人はストップ&ゴーを繰り返しがちで、ムダに燃料を消費しています。 車間距離にゆとりを持って、できるだけ速度を一定に保つと、エコドライブになります。
その後、受講者は「エコドライブ」を2周ほど練習した後、本番でここでは3週し、データをとります。
慎重になるあまり、トロトロ運転になって事前走行より大幅に時間がかかるようだと、正しく比較できなくなるため、ある程度キビキビ走る必要があります。
事後走行後、運転操作以外の燃費向上方法について座学で学んだあと、それぞれの車両ごとに診断書をもらい、インストラクターから個別にアドバイスを受けます。

※ちなみに、使用した燃費計はこちらです↓
午後からは指導員としての講習になります。
まずは燃費計の説明から。
講習会で使用している燃費計は、SDカードを挿入してデータを取り込むことができるタイプで、パソコンから結果診断書を出力することができます。
この燃費計を接続する車両診断用コネクタがあるのですが、このコネクタの位置は車両によってさまざま。運転席の下にもぐりこまないといけないものもあるのですが、今回お借りした日産のティーダはとってもわかりやすい位置にありました。
燃費計の接続方法を教わった後は、指導方法を学びます。
交代で講師役を務め、受講生役の方にふんわりアクセル、フューエルカットなどのエコドライブのこつを教えます。
最後に、測定データの処理方法について学びます。
結果診断書をプリントアウトした後は、診断書の見方の解説やアドバイス方法を学びます。
こちらはエコ・アドバイザー用の結果診断書。
受講者用はグレー部分が記載されません。
エコ・アドバイザー用には、インストラクターとして説明に必要な事項が記載されています。
一番燃料を消費するといわれる発進時のアクセル開度を比較してみました。
オレンジのグラフが通常運転、緑のグラフがエコドライブです。
エコドライブの時には、3名ともなだらかに右肩上がりになっています。
ふんわりアクセルになっていますね!
今回の講習会では、燃費改善率は8人平均で32%でした。

※講習会では2km程度の距離の走行のため、あくまでも参考値としてとらえる必要があります(燃費計をつけて数十km計測すると精度が上がります)し、普段からエコドライブに近い運転をされていた方は改善率も低めに出る傾向があります。
 
この日受講された方々には、是非この日学ばれた知識と技術を活かしていただき、エコドライブを実践し、周りの方々にも勧めてもらいたいと思います。

以上、十和田会場からのレポートでした~~。
 

次回は、今年度最後の「青森編」です!
エコドライブの実践は、CO2排出量の削減により地球温暖化防止に役立つだけでなく、ガソリン代の節約や安全運転にもつながります。
地球にも、お財布にも、人にもやさしいエコドライブを、ぜひ実践してみてください。

「エコドライブ」の実践方法は?→詳しくはこちら(http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html
★一般向けの「エコドライブ実技講習会」は青森会場が現在募集中!

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度