ホーム > ようこそ知事室へ > 県民のみなさまへ > 平成27年を終えるにあたって(平成27年12月28日)

更新日付:2015年12月28日 

平成27年を終えるにあたって(平成27年12月28日)

 昨年、今年の干支・乙未(きのとひつじ)の字にちなんで、改革や新しいことを進めようとして、困難に遭い思うように進められないことがあったとしても、焦らずに時間をかけて忍耐強く、根気よく進めることで、やがては大きな成果を得る年ではないかとお話しさせていただきました。 

 振り返ってみますと、本県初の特A米・青天の霹靂が皆様の御支持を得ることができましたし、りんご販売額1,000億円台となり、輸出量も3万トンを突破したほか、ホタテカ゛イ生産額も大量へい死という困難を乗り越えて160億円超になるなど、生産者の皆様による日頃からの努力が、まさに実を結んだ年であったと感じています。
 昨年の稲作を巡る大きな環境変化に続いて、今年もTPP協定の大筋妥結という大きな波が押し寄せてきたわけですが、本県の農林水産業は、先ほど申し上げたりんご、ホタテだけでなく、中南の桃の販売額が初めて1億円を超え、おうとうでもシ゛ュノハートという期待の品種が出てきています。また、県家畜市場での子牛年間取引額が過去最高になり、林業にあっても、大型木材加工施やハ゛イオマス発電施設の操業という動きがありました。さらに、平成26年度の新規就農者が平成に入って最多となりました。新たな成長の芽が出てきている、持てる力を遺憾なく発揮して、成長産業化に向けて力強く進んでいるものと考えています。この流れを途切れさせることなく、更なる成長へとつなげていくため、文字どおり攻めの姿勢で、攻めの農林水産業に取り組んでいきたいと思います。農林水産業に携わっている方々には、TPP等を含め大きな環境変化が来ている わけですが、「やれるぞ私たちは。共に戦いましょう。」と言いたいと思います。 

 好評を頂いていますエーフ゜レミアムについても、実現までには多くの困難があったわけですが、運用開始によりホタテカ゛イなどの青森の“フ゜レミアム”を、西日本には翌日午前、東南アシ゛アには翌日中に届けることができるようになりました。地理的に不利という本県の成長の壁を取り払ったことは、大きな成果であると思います。
 また、この取組を通じてお付き合いを頂くことができた沖縄県物産公社に協力を頂いて、商社やハ゛イヤーの方々を招いての輸出商談会を開催することができたことなど、具体の動きにまで拡がってきていることは、本県産品の輸出振興の面でも大きな一歩だと思っています。今後大きく発展していくのではないかと期待しています。

 交流基盤、交流人口という面では、杭州線就航というニュースがありました。函館との同時就航により杭州からの立体観光の手段が実現するわけですので、一日でも早い就航を期待するとともに万全の準備を進め、このチャンスを確実に手にしたいと思います。北海道新幹線開業が目前でもあります。関係業界の皆様と共に、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

 健康づくり運動の取組が深まってきていると実感した年でした。県が旗を振って始まった動きではありましたが、食生活改善推進員の皆さんなどが減塩やだし活といった活動にこれまで以上に取り組んでくださっていますし、食命人の皆さんもそれぞれに取り組んでいただいています。健康づくりは、多くの県民の皆様一人ひとりに取り組んでいただかなくてはならない課題ですので、一気にはいかなくとも、途切れることなく続いていかなければなりません。徐々に浸透していけばと考えているところです。今後は、中小企業の皆様を始めとする雇用側の取組、“健康経営“に期待したいと思います。 

 私自身、この1年はもとより、就任以来、愚直に、そして果敢に取り組んできたとの思いがあります。様々な出来事があった1年ではありましたが、様々な分野において、我々は戦える、やれるぞ、ということを、県民力として県民の皆様が示してくれた1年であったと思います。県民の皆様方のご理解とご協力により1年を過ごすことができました。ありがとうございました。 

 来年の干支は丙申(ひのえさる)です。丙は、一説に、光が四方に広がるさまを意味し、申も「のばす」を意味し、果実が成熟して固まっていく状態を表すとも言われています。今年に引き続き、諸事成長発展をする年、着実に事を進めて大きな成果を得る年になって欲しいと思います。
 前回の丙申の年、昭和三十一年は、経済白書が「もはや戦後ではない」と宣言し、石原裕次郎さんのテ゛ヒ゛ュー作となった映画「太陽の季節」が公開された年でした。文字どおり、更なる発展・成長のスタートとなった年だったのではないかと思います。
 六十年ぶりの丙申となる来年が、字義どおり光り輝く、成長の年となるよう、これまで進めてきた様々な取組を一層充実させ、一歩一歩着実に、職員共々取り組んで参りたいと思います。

 皆様が健やかな年の瀬を迎えられますことをお祈り申し上げます。
平成27年12月28日 青森県知事 三村申吾

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter