ホーム > ようこそ知事室へ > 県民のみなさまへ > 新年度に当たって

更新日付:2012年4月1日

新年度に当たって

 平成24年度は、大震災からの復興を進める年、いわば「復興元年」であります。
 未曽有の被害をもたらした東日本大震災は、私たちの心、暮らし、そして故郷に、未だ大きな爪痕を残しております。
 しかしながら、震災直後からの県民皆さんの頑張りには、胸打たれるものがありました。県内全域が停電となるなど大変厳しい状況の中で、県内各地の方々から被災された方々への支援が迅速に行われました。被災地の方々が力を合わせてがれきの片づけをしている姿がありました。
 本県にはお互いを支えあう素晴らしい絆、そして正直で真面目な県民性、これら「青森の正直」ともいうべき県民力があります。郷土や地域に愛情を持ち、ボランティア精神に富んだ人財、地域を支えるすばらしい方々が大勢いらっしゃいます。
 新たな年には、こうした方々の力と産業、経済、そして行政の力をあわせ、今までよりも進化した地域社会を形成し、東北全体の復興に貢献していく「創造的復興」を皆さんと共に目指していきたいと考えています。 
 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還は、私たちの心に大きな勇気と感動を与えてくれました。数々のトラブルを克服し、困難を乗り越え、絶望の中からの帰還を果たすことができたのは、本県出身の川口淳一郎教授をはじめ、プロジェクトに携わった方々の、「決してあきらめない」という強い意思でした。「創造すること」への強い意思でした。
 大きな震災に見舞われ、日本の、そして世界の社会経済情勢が大きな地殻変動を起こしている状況です。しかしながら、私たちには希望があります。目標があります。そして恵まれた資源や、多くの人財がいます。知恵を絞って、決して諦めずにイノベーションに取り組んでいく、そのことこそが、今、私たちのなすべきことであります。私たちの力を信じ、希望を実現するという強い意思をもって、私たちの未来を、そして新たな日本の未来を切り拓いていきましょう。皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。
平成24年4月1日    青森県知事 三村申吾

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter