ホーム > ようこそ知事室へ > 県民のみなさまへ > 新しい年を迎えて(令和3年1月4日)

更新日付:2021年1月4日 

新しい年を迎えて(令和3年1月4日)

 明けましておめでとうございます。
 
 まず初めに、現在の新型コロナウイルス感染症への対応について、お話させていただきます。
 医療関係者の皆様方、介護・福祉施設等の皆様方、そして各保健所等で防疫・検査業務を実施される方々には、これまでも最前線において日夜必死に御対応いただいているところであり、この年末年始もゆっくりと休むこともままならなったものと拝察いたします。県民を代表して改めて感謝申し上げますとともに、心より応援申し上げます。こうした方々を支えてくださっている御家族をはじめ多くの皆様方に対しましても、お礼を申し上げます。

 最近の県内の感染状況については、弘前保健所管内の学校のクラスター関連で多数の感染者が発生しているほか、県外からの移動後に感染が確認された事例も多くなっており、学校の学期末や年末年始などの人の移動や活動が活発になったことに伴い感染者が増えていると考えています。

 県では、感染の拡大を抑え込むため、年末年始にかけて、積極的疫学調査を実施するとともに、PCR検査が必要な方については、迅速に検査を実施してきたところです。

 また、陽性が判明した方については、速やかに入院等の調整を行い、医療機関又は宿泊療養施設において、必要な医療・療養を提供してきました。

 県内での感染拡大を食い止めるためには、県民の皆様お一人お一人の協力が不可欠であり、濃厚接触者等としてPCR検査を実施した方等につきましては、PCR検査が陰性であったとしても、今後発症する可能性などがあることから、PCR検査を受ける予定の方も含め、県外への移動はもちろん、人との接触を避けるなど、保健所の指示に従い健康観察をしてくださるようお願いします。

 この年末においては、感染拡大地域から帰省された方の感染が複数確認されています。
 
 御自身や大切な御家族の健康を守るためにも、今後帰省を予定されている方には、基本的な感染防止対策の徹底をはじめ、
〇帰省前から御自身の体調を確認すること、居住等の地域の感染状況や御自身の行動歴などを十分に考慮し、御家族等とも相談の上、慎重に判断していただくこと、発熱・咳等の症状がある場合は帰省を控えていただくこと
〇帰省される際には、混雑を避けるため時期を分散していただくこと
〇帰省中においては、体調がすぐれない時は外出を控え、高齢の御家族等にお会いする際には特に気を付けていただくこと、会食等は大人数や長時間に及ぶ飲食を避け十分に気を付けていただくこと
などをお願いします。
 
 さらに、本県から感染症患者が多数発生している地域への移動については、
〇移動先の感染状況を踏まえ慎重に判断していただくこと
〇移動先の自治体が実施する措置に従って慎重な行動をとっていただくことについて、よろしくお願いいたします。

 改めて、年頭にあたりまして、青森県の発展と県民の皆様方の御多幸を心よりお祈り申し上げます。
 そして、県民の生業を何としても守り、県民が安んじて暮らせる青森県づくりを進めるために、今年も全力で取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。

 さて、新型コロナウイルス感染症への対応については、今年も続くものと見込まれますが、引き続き、感染拡大防止を最優先として取り組みつつ、この難局を何としても乗り越え、「ウィズコロナ」・「ビヨンドコロナ」の視点も踏まえながら、「経済を回す」仕組みづくりや若者・女性の県内定着・還流促進、県民の健康づくりなど、各種施策をブレることなく着実に進めていきたいと考えています。
 
 また、世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」については、その実現がいよいよ視野に入ってきています。これまで文化庁や専門家委員会の指導・助言を得ながら、審査の山場であるイコモスの現地調査を終えるなど、登録を確実なものとしていくために着実に準備を進めてきたところです。引き続き、関係自治体と連携し、次回の世界遺産委員会で世界遺産にふさわしいとの評価が得られるよう、緊張感を持って全力で取り組んでいきます。

 そして、1万年以上にわたり自然と共生し、平和な社会を築き上げた 先人たちの知恵と心に直接触れるなど、現地でしか実感、体感できない価値や魅力をしっかりと伝えていくための受入態勢の充実に取り組んでいきます。

 次に、これまで地道に取り組んできた「攻めの農林水産業」については、これまで築いてきた人脈や国内外のネットワークを活用した取組に加え、サイトによる販売促進やオンラインを活用したセールス・プロモーションなど、新しい手法も積極的に取り入れていきます。
 一方で、商売の基本は、直に商品に触れ、納得をいただく対面販売です。一定のルールに従い売場でのセールスが可能となれば、しっかりと感染症対策を講じた上で、県産品の魅力をお客様に直接伝える活動も継続したいと考えています。
 さらに、内食需要の高まりなどをチャンスと捉えた加工食品分野の取組なども強化していきます。

 また、観光分野では、社会経済情勢の変化に適時適切に対応するとともに、新たな観光の価値や行動様式の変化など、「ビヨンドコロナ・コロナの先」を見据えた展開が重要と考えています。
 今年は、4月から9月までの半年間にわたり、東北DC(デスティネーションキャンペーン)が展開されるほか、1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックの開催、そして「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録実現への期待の高まりなど、これらを観光需要回復の絶好の機会と捉え、その効果獲得に向け、「安全で安心な新しい旅行スタイル」を確立しながら、県内への誘客の強化に取り組んでいきます。

 海外からの誘客については、依然として厳しい状況にありますが、渡航制限の状況等を注視するとともに、これまで深く良好な関係を築いてきた東アジア、特に台湾を主軸に、感染症の収束後に、いち早く本県へのインバウンド需要を回復させるべく、今できる取組を着実に進めていきます。
 今年1年、「経済を回す」仕組みをしっかりと再起動・進化させていくため、国内はもとより、「世界に打って出る」という視点を堅持し、弛むことなく「攻め」の姿勢で取り組んでいきます。

 「青森県基本計画『選ばれる青森』への挑戦」が3年目を迎える今年は、本県の最重要課題である「人口減少克服」に向け、仕切り直しも含め、着実に取組を進めていきたいと考えています。
 今般のコロナ禍により、都市部から地方への分散化に対する若者の関心は確実に高まっています。感染拡大防止の様々な工夫も行いながら、本県のしごとや暮らしの魅力、多様な生き方や働き方ができる本県のメリットを、若者や保護者世代の方々にしっかりと伝えることにより、一人でも多くの若者・女性の県内定着・還流を実現していきたいと考えています。

 このほか、2025年の超高齢化時代の到来を見据え、保健・医療・福祉体制の充実や生活機能の維持・確保、健康長寿県の実現に向けた県民の健康づくりなどについても、コロナ禍に伴う生活習慣の乱れや受診控えなど、新たな懸念も生じてきていることから、これまで以上に強い危機感を持って取り組んでいきます。
 さて、「窮(きゅう)すれば通(つう)ず」という言葉があります。行き詰まってどうにもならない状況まで追い込まれると、かえって行くべき道が開かれることがある、絶体絶命だと思うような状況でも、正道を貫くことにより解決の道はあるということを意味するものです。

 平成の時代から、「明日への希望に花を大きく咲かせることができる時代をつくりたい」という願いが込められた「令和」の時代が、穏やかにスタートして間もなく、世界的な新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、本県においても大きな影響を及ぼし、依然として予断の許さない状況が続いています。

 そうした中にあっても、私は、決して下を向くことなく、県民のための県政という原点に立ち返り、現在、そして未来の県民の幸せに繋げていくため、為すべきと信ずる道に向かって真っ直ぐに取り組んでいく決意であります。

 急速に進む人口減少や高齢化はもとより、私たちを取り巻く社会経済環境の変化は著しく、厳しい局面も予想されますが、県民の皆様が、ふるさと青森の地で、将来にわたって安んじて暮らしていけるよう、元気と幸せ、そして希望が広がる青森県づくりにブレることなく邁進していきたいと考えています。報道機関の皆様におかれましても、引き続き、御協力くださるよう、よろしくお願いします。
令和3年1月4日 青森県知事 三村申吾

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter