ホーム > 生活・環境 > 建築住宅 > あおもりの木を使ったあずましい家づくり

更新日付:2016年3月30日 建築住宅課

あおもりの木を使ったあずましい家づくり

「あおもり方式住宅」ガイドラインについて

 東日本大震災を契機として、地域の気候風土にあった住宅を、地域の材料、事業者により自立的に供給していく「地域型住宅」が注目されています。また、本県は森林資源にめぐまれ、県内で生産された木材を地元で使うことは、二酸化炭素の排出が抑制できるほか、地域経済の活性化につながります。
 こうした背景を踏まえ、本県では、地元の木を使い、地域の気候風土に適した、地元事業者による住宅づくりを「あおもり方式住宅」として、本県ならではの住宅に求められる性能や品質等のスタイルと住宅生産のシステムの構築を目指しています。
 この度、県では、健康に配慮した住宅で、雪国であずましい暮らしを実現するために、地域に根差した「青森らしい住宅」に求められる共通目標とルールを設定し、県内での「家づくり」における方向性を「ガイドライン」としてとりまとめました。
 本ガイドラインでは、住宅づくりを検討する一般消費者に向け、考慮すべき点を解説するほか、供給側となる関連事業者に向け、技術的に必要な事項を記載しています。また消費者と事業者の間のコミュニケーションツールとしても活用できるものとなっています。
 多くの方々に、本ガイドラインをご活用いただければ幸いです。

ガイドラインの構成

 本ガイドラインは、次のとおり構成されています。
  • はじめに、目次
  • 第1章 「あおもり方式住宅」消費者向けガイドライン
  • 第2章 「あおもり方式住宅」事業者向けガイドライン
  • 第3章 「あおもり方式住宅」の普及に向けて
  • 参考資料
 第1章では、消費者向けに、「あおもりの木を使ったあずましい家づくり」の方向性を示しています。
 第2章では、その方向性を踏まえ、住宅に関連する事業者に向け、「あおもり方式住宅」のスタイル・つくり方についてその共通ルールや目標とする数値、留意点を示しています。
 第3章は、普及に向けた課題と取組を示しています。

ガイドラインのダウンロード

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

建築住宅課 住宅企画グループ
電話:017-734-9695  FAX:017-734-8197

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度