ホーム > 生活・環境 > 食の安全・安心 > 生産段階における葉物野菜の衛生管理について

更新日付:2018年7月3日 食の安全・安心推進課

生産段階における葉物野菜の衛生管理について

生食用野菜の生産者の皆さまへ

平成30年5月に埼玉県等で発生した腸管出血性大腸菌O157の食中毒・感染症の発生に、サンチュの喫食が関連している疑いがあることが厚生労働省より発表されたことを受け、農林水産省では生鮮野菜の衛生管理の取組みを強化しています。


 このため、生産者の皆様には
「栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針」[778KB] (平成23年農林水産省策定)を活用して、改めて衛生管理の徹底をお願いします。
 また、同指針付録のチェックリスト[55KB]で、ご自身の衛生管理の取組状況について、今一度確認してください。
  • 野菜衛生パンフ(表)
  • 野菜衛生パンフ(裏)
指針等はこちらからダウンロードできます。
「栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針」[778KB]
 →チェックリスト部分を抜粋したものは、こちら[55KB]です。
「生産者の皆様へ」(上記画像と同じものです)[503KB]



(参考)農林水産省プレスリリース(農林水産省ホームページ内)

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課 企画調整グループ
電話:017-734-9351(直通)  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度