ホーム > 生活・環境 > 消費生活 > 特定商取引法に基づく行政処分について

更新日付:2018年3月23日 県民生活文化課

特定商取引法に基づく行政処分について

青森県は、痩身のための施術等を提供していた事業者に対し、特定商取引に関する法律の一部を改正する法律による改正前の特定商取引に関する法律(以下「旧法」という。)第47条第1項の規定により、平成30年3月20日付けで、同月22日から平成31年3月21日までの12か月間、特定継続的役務提供に関する業務の一部(新規勧誘、契約申込みの受付及び契約締結)を停止するよう命じました。
併せて、同事業者に対し、特定商取引に関する法律(以下「新法」という。)第46条第1項の規定により、違反行為の是正等の指示をしました。
なお、同事業者は、平成27年3月にも本県から行政処分(業務停止命令9か月)を受けていました。

1 事業者の概要
(1) 名称
「リセットボディメイクSeitai」こと進藤亜希子(しんどうあきこ)(個人事業者)
(2) 住所
青森市浜館四丁目
(3) 営業所所在地
青森市はまなす二丁目7番1号(営業所は、既に閉鎖)
(4) 営業期間
平成26年12月1日~平成29年7月31日
(5) 事業内容等
痩身のための施術及び関連商品(健康補助食品等)の販売(特定継続的役務提供)
2 取引の概要
事業者は、青森市内において、人の体型を整え又は体重を減ずるための施術を提供するエステティックサロン「リセットボディメイクSeitai」を営業するに当たり、情報誌(フリーペーパー)に広告を掲載して消費者を誘引し、当該施術の体験等のため営業所を訪れた複数の消費者に対して、施術提供の契約を締結させるため、「このままだと糖尿病を発症するよ。」「このままだと死ぬよ。」等と健康不安をあおって困惑させるとともに、契約内容を明らかにするために交付が義務付けられている契約書面及び概要書面を交付しなかった。
また、当該契約の解除を求めた消費者に対し、同様に健康不安をあおって困惑させたほか、頻繁に連絡をする等消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で解除を妨げた。
3 違反事実
(1) 概要書面不交付(旧法第42条第1項)
(2) 契約書面不交付(旧法第42条第2項)
(3) 威迫・困惑(旧法第44条第3項)
(4) 迷惑解除妨害(旧法第46条第3号、旧特定商取引に関する法律施行規則第39条第1号)
4 命令の内容
(1) 業務停止命令
平成30年3月22日から平成31年3月21日までの間、青森県の区域内における特定継続的役務提供に関する次の業務を停止すること。
○特定継続的役務提供契約の締結について勧誘をすること。
○特定継続的役務提供契約の申込みを受けること。
○特定継続的役務提供契約を締結すること。
(2) 指示
○今回の違反行為の発生原因について調査分析の上検証し、その結果について平成30年4月21日までに青森県知事まで文書にて報告すること。
○今回の違反行為の再発防止策について、事業者が本件業務停止命令に係る業務を青森県の区域内において再開する場合には、再開の1か月前までに青森県知事まで文書にて報告すること。
5 過去の行政指導・処分歴
(1) 行政指導
青森県知事による文書指導(平成25年7月11日付け)

(2)行政処分
処分行政庁:青森県知事
事業者名:「ビューティートリートメント ピュアラ」「Aki美容整体」こと進藤亜希子(個人事業者)
処分内容:業務停止命令9か月(平成27年3月26日付け)(特定継続的役務提供に関する業務の一部(新規勧誘、契約申込みの受付及び契約締結))
6 その他
当該事業者は、自らを「先生」と呼んだり、又は「堤」と称したりして、消費者に対して本名を明示せずに施術の提供等を行っていました。
※公表の詳細はこちらをご覧ください。
 ◎行政処分の内容PDFファイル[202KB]
 ◎事例PDFファイル[161KB]

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課消費生活グループ
電話:017-734-9206  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度