ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 生活保護

更新日付:2008年7月1日 上北地域県民局地域健康福祉部福祉こども総室

生活保護

生活保護とは
 生活保護は、何らかの原因で日々の暮らしに困っている方に対して、国の責任において生活するために必要な当面の生活を保障し、その人が自分で生活できるように手助けする制度です。
保護の種類
 1 生活扶助  飲食費、光熱水費その他日常生活に必要な費用
 2 教育扶助  義務教育に必要な学用品費
 3 住宅扶助  家賃、補修費その他住宅の維持に必要な費用
 4 医療扶助  病気の治療に必要な費用
 5 介護扶助  介護サービスを受けるのに必要な費用
 6 出産扶助  出産に必要な費用
 7 生業扶助  商売をはじめたり、就職に必要な費用、高校の入学や修学に必要な費用
 8 葬祭扶助  納骨その他葬祭に必要な費用
生活保護の決定の仕方
 生活保護は世帯を単位とし、その世帯の全収入と国が定めた必要最小限度の生活費(基準生活費)を比べて、基準生活費より少ない場合に行われます。
 生活保護は、利用し得る資産、能力、その他あらゆるものを、生活の維持のために活用することを要件として行われます。決定に当たり、収入(給与、年金手当、仕送りなど)や資産(預貯金、生命保険、動産不動産など)の内容及び生活や医療、介護などの状況について福祉事務所が調査を行います。
 保護が決定されると、収入と基準生活費との差額が保護費として支給されます。
生活保護を受けるには
 生活保護を受けるためには、原則として役場窓口に備え付けてある書類により申請手続きを行う必要があります。作成した申請書類は役場窓口に提出してください。
 なお、生活に困っている相談には、福祉事務所や役場、民生委員がいつでも応じています。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

担当:保護課
電話:0176-62-2145 FAX:0176-62-2454

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度