ホーム > 子ども・教育 > 青少年 > 令和2年度「他人を思いやり命を大切にする心を育む対話集会」を実施しました

更新日付:2020年12月28日 青少年・男女共同参画課

令和2年度「他人を思いやり命を大切にする心を育む対話集会」を実施しました

目的

 生徒の他人を思いやり命を大切にする心を育むとともに、生徒と地域の大人との相互理解を促進し、信頼関係の構築を図ることによって、地域全体で子どもを見守る環境づくりを進めます。
 また、生徒の孤立感の解消や明るく前向きに未来へ進んでいく気持ちの醸成を図ります。

実施日時・場所

◇実施時期
 令和2年9月~12月

◇実施時間
 中学校、高等学校で60分または90分で実施

◇実施場所
 学校の体育館など 

実施内容

「命の大切さ」や「思いやり」をテーマに、小グループ等で意見交換を行いました。
imeji

参加者

・対話集会を実施する学校の生徒
・対話集会を実施する学校の地域住民(青少年健全育成推進員、自治会・町内会役員、民生・児童委員、青少年育成関係者、防犯関係者、交通安全関係者、保護者等)
・大学生ボランティア

特別講師及びコーディネーター

◇特別講師(高等学校の対話集会でトークセッションなどを行う)
 ・フリーリポーター 中島美華氏
◇コーディネーター(対話集会のワークショップの進行などを務める)
 ・特定非営利活動法人はちのへ未来ネット代表理事 平間恵美氏
 ・青森県立尾上総合高等学校スクールソーシャルワーカー 三上富士子氏
 ・青森県環境生活部青少年・男女共同参画課 山田浩 
 

実施状況

地区 学校名 実施日時 場所 実施テーマ 参加者 特別講師及びコーディネーター
東青 青森県立
青森西高等学校
9月2日(水)
14時30分~
15時30分
第一体育館 「命の大切さ」 ・生徒241名(1年生)
・地域住民23名
・大学生18名
特別講師 中島美華
コーディネーター 山田浩
下北 青森県立
大湊高等学校
9月11日(金)
13時30分~
15時00分
第一体育館 「思いやり」と
「命の大切さ」
・生徒137名(1年生)
・地域住民18名
・大学生11名
特別講師 中島美華
コーディネーター 山田浩
東青 青森市立
三内中学校
10月5日(月)
13時20分~
14時50分
体育館 「思いやり」と
「命の大切さ」
・生徒127名(7年生)
・地域住民20名
・大学生6名
コーディネーター 平間恵美
上北 青森県立
六戸高等学校
10月16日(金)
13時40分
15時10分
第一体育館 「思いやり」と
「命の大切さ」
・生徒111名(1・2年生)
・地域住民16名
・大学生10名
特別講師 中島美華
コーディネーター 山田浩
下北 むつ市立
むつ中学校
11月10日(火)
13時30分~
14時30分
体育館 「命の大切さ」 ・生徒51名(1年生)
・地域住民6名
コーディネーター 三上富士子
上北 三沢市立
第五中学校
11月13日(金)
14時25分~
15時25分
体育館 「命の大切さ」 ・生徒50名(3年生)
・地域住民6名
・大学生9名
コーディネーター 平間恵美
西北 青森県立
金木高等学校
12月3日(木)
14時00分~
15時00分
第一体育館 「命の大切さ」 ・生徒51名
・地域住民9名
・大学生6名
特別講師 中島美華
コーディネーター 山田浩

対話集会の様子
  • taiwa1
    県立青森西高等学校
  • taiwa2
    県立大湊高等学校
  • taiwa3
    青森市立三内中学校
  • taiwa4
    県立六戸高等学校
  • taiwa5
    むつ市立むつ中学校
  • taiwa6
    三沢市立第五中学校
  • taiwa7
    県立金木高等学校

この記事についてのお問い合わせ

青少年・男女共同参画課 青少年グループ
電話:017-734-9226 FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度