ホーム > 生活・環境 > 男女共同参画 > 働き方改革トップセミナー

更新日付:2017年4月1日 青少年・男女共同参画課

働き方改革トップセミナー

働き方改革トップセミナーは、あおもり女性の活躍ステップアップ事業の一環として平成27年度と平成28年度に開催したものです。
  • あおもりワークライフバランスロゴ
  • あおもり女性の活躍応援ロゴ

目的・対象

 企業におけるワーク・ライフ・バランスの取組を進めるため、働き方改革をワーク・ライフ・バランス推進の柱に据え、労働生産性、人材確保等をテーマに、企業にとってのメリットについて理解を深める機会とします。
 経営者や管理職の方、または一般の方、どなたでも申込可。

平成28年度講師

佐々木 常夫(ささきつねお)氏
株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表 オフィシャルWEBサイト http://sasakitsuneo.jp/

プロフィール
秋田市生まれ。株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。
1969年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。
家庭では自閉症の長男と肝臓病とうつ病を患う妻を抱えながら会社の仕事でも大きな成果を出し、2001年、東レの取締役、2003年に東レ経営研究所社長に就任。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。
「ワーク・ライフ・バランス」のシンボル的存在である。
著者に『ビジネスマンが家族を守るとき』『そうか、君は課長になったのか』『働く君に贈る25の言葉』『リーダーという生き方』『働く女性たちへ』(以上、WAVE出版)、『ビジネスマンに贈る生きる「論語」』(文藝春秋)、『それでもなお生きる』(河出書房新社)、『実践・7つの習慣』(PHP研究所)、『上司の心得』(角川新書)、『50歳からの生き方』(海竜社)などがある。
2011年、ビジネス書最優秀著者賞受賞。

平成28年度プログラム

平成28年11月11日
13時30分~13時40分 主催者挨拶等
13時40分~15時00分 基調講演
「個人も会社も成長するワーク・ライフ・バランス」

佐々木常夫氏
株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表
15時10分~16時00分 パネルディスカッション
パネリスト
・船水 由美氏(株式会社木村食品工業経理部リーダー)
・大久保 美佐氏(社会福祉法人恵心会事務長)
コーディネーター
・小磯 重隆氏(弘前大学教育推進機構キャリアセンター副センター長・准教授)

平成27年度講師

渥美 由喜(あつみ なおき)氏
内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー
(東レ経営研究所研究部長)

プロフィール
1992年東京大学卒業。複数のシンクタンクを経て、2009年、株式会社東レ経営研究所に入社。これまでに海外10数ヶ国を含む、ワークライフバランス・ダイバーシティ先進企業、国内800社、海外150社を訪問ヒアリングし、4,000社の財務データを分析。また、コンサルタント、アドバイザーとして、実際にワークライフバランスやダイバーシティに取り組む企業の取組推進をサポート。
プライベートでは9歳と5歳の2児を共働きの妻とともに育てており、2回、育児休業を取得。5年前から認知症、統合失調症を患っている父の介護(要介護1)に奮闘しており、介護は介互と実感。20年前から、週末に地元の公園で『子ども会』活動を継続し、約2,000人の子どもたちと出会う。市民の三面性=職業人、家庭人、地域人が座右の銘。

平成27年度プログラム

平成27年10月14日
13時00分~13時10分 開会、主催者挨拶
13時10分~14時30分 基調講演
「経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス~管理職だって人ごとじゃない!介護と仕事の両立の観点から~」

渥美 由喜氏
内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー(東レ経営研究所研究部長)
14時40分~16時00分 パネルディスカッション
パネリスト
・渥美 由喜氏
・小笠原 尚子氏(社会福祉法人福祉の里人事部長)
・内田 征吾氏(株式会社東京堂代表取締役社長)
コーディネーター
・小磯 重隆氏(弘前大学学生就職支援センター副センター長・准教授)

この記事についてのお問い合わせ

青森県環境生活部
青少年・男女共同参画課
男女共同参画グループ
電話:017-734-9228  FAX:017-734-8050

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度