ホーム > 生活・環境 > 防災・危機管理・消防 > 消防団員 幹部教育 指揮幹部科をご紹介します。

更新日付:2017年12月25日 青森県消防学校

消防団員 幹部教育 指揮幹部科をご紹介します。

 大規模災害時における指揮者としての職責を自覚し、指揮能力を向上させるため、「指揮幹部科」の教育訓練が行われています。

 「指揮幹部科」には、部長又は部長と同等の実務経験を有する班長を対象と想定し、現場の指揮について実践的な実技訓練等を行う「現場指揮課程」と、分団長、副分団長を対象と想定し、分団本部等における指揮に関する教育訓練を行う「分団指揮課程」の2つの課程があります。

 この2つの課程の修了者には、「指揮幹部科」の修了を認定し、修了証及び『き章』が交付されます。

 今年度も、青森県消防学校において、10名の消防団員の方が、指揮幹部科を修了し、『き章』を交付されています。
指揮幹部科修了者に交付される『き章』

平成29年度 指揮幹部科 分団指揮課程の様子

  •  
 分団指揮課程では、『東日本大震災を契機とした消防団への期待の高まり』や『人口減少社会・少子高齢社会』の進展を背景に、各消防団・分団の運営上の課題について、事例研究を実施しました。

 講師(コーディネーター)として、下北広域行政事務組合むつ消防署の鎌田秀文消防司令補にお願いしました。
  •  
    事前に提出をお願いした「事例研究シート」。
  •  
    各地域の実情を踏まえたディスカッション
  • 第1班のみなさん『消防団員の確保について』
  • 第2班のみなさん『消防団員の確保について』
  • 第3班のみなさん『サラリーマン団員が増加する中での活動について』
  • 第4班のみなさん『消防団の現場活動や訓練について』
その他の『指揮幹部科』の教育訓練の様子

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県消防学校 教務課
電話:017-788-4221  FAX:017-788-4222
〒038-0042青森県青森市大字新城字天田内183-3

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度