ホーム > 建設・まちづくり・地域振興 > 河川・砂防・海岸・ダム・砂利砕石 > 民有地斜面のがけ崩れ災害を未然に防止するために

更新日付:2020年6月30日 河川砂防課

民有地斜面のがけ崩れ災害を未然に防止するために

近年のがけ崩れ事例を踏まえた急傾斜地の点検のポイント

 令和2年2月に、他県で道路に隣接する民有地斜面において、雨が降っていないにもかかわらず、がけ崩れ災害が発生しました。
 斜面は、風化が進行していると、無降雨であっても突然崩壊する危険性があるため、斜面の土地所有者の方は、斜面の自主点検をお願いします。
 自主点検時のポイントについては、下記のリンク先をご覧ください。
 近年のがけ崩れ事例をふまえた急傾斜地(がけ地)の点検時の留意事項についてPDFファイル[272KB]

 また、民有地の斜面において、がけ崩れによる災害の発生が懸念される場合の相談は、各市町村の「防災部局・建設部局」の窓口、県の「斜面施設の管理担当窓口(砂防・公園・道路部局等)」にご連絡ください。
 県内市町村による「民有地斜面の土地所有者からの相談に対するサポート体制」の構築事例は、下記のリンク先をご覧ください。
 サポート体制構築事例(おいらせ町のホームページ)
 
 サポート体制図は、下記のリンク先をご覧ください。
 サポート体制図PDFファイル[164KB]

この記事についてのお問い合わせ

河川砂防課
電話:017-734-9661(水政グループ) 017-734-9670(砂防グループ)   FAX:017-734-8191

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度