ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 新型コロナウイルス感染症に係る知事メッセージ(令和2年10月8日定例記者会見)

更新日付:2020年10月9日 青森県危機対策本部

新型コロナウイルス感染症に係る知事メッセージ(令和2年10月8日定例記者会見)

 10月を迎え、山の木々も色付き始め、いよいよ秋の行楽シーズンが到来しました。

 「GoToトラベル」キャンペーンの本格実施や、イベント開催制限の緩和等も相俟って、本県においても人の往来の増加が見込まれるところです。
 観光事業者やイベント主催者等の皆様方には、想定される感染リスクを踏まえ、業種ごとの感染拡大防止ガイドラインを遵守するとともに、事前に十分な検討と準備を行った上で、必要な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

 また、今後、冬に向けては、新型コロナウイルス感染症と季節性インインフルエンザの同時流行も懸念されるところですが、基本的な感染予防対策を徹底することは、季節性インフルエンザなど他の感染症を予防する上でも効果が見込まれます。
 県民の皆様方には、御自身の日々の体調について御確認いただくとともに、「三密」の回避、手洗・手指消毒、咳エチケットの徹底、マスクの着用等をはじめ、ソーシャル ディスタンシングなど、基本的な感染予防対策の徹底等について、引き続き御理解と御協力をお願い申し上げます。

 さて、去る9月から、県では感染者等の個人情報保護の観点から公表基準を見直し、「新型コロナウイルス感染症患者に関する情報の公表基準」を策定したところです。
 これにより、感染拡大防止に必要な情報以外は公表しない取扱いとなりましたが、保健所では、積極的疫学調査を行った上で濃厚接触者など検査が必要な方がいる場合には、速やかに連絡が行われることとなっておりますので、県民の皆様方におかれては、いたずらに不安感を抱くことなく、感染症に対する正しい知識に基づき、冷静な行動をお願いします。

 我々は、誰しもが感染する可能性があり、「ゼロリスク」はあり得ません。県民の皆様方お一人お一人が思いやりの気持ちを持って、互いに尊重し合いながら、誹謗中傷等のない青森県を共に築いていきましょう。

この記事についてのお問い合わせ

青森県危機対策本部
電話: 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度