ホーム > 県政情報 > 県財政 > 平成30年度 特別会計決算額と歳入歳出決算収支の状況

更新日付:2019年9月18日 会計管理課

平成30年度 特別会計決算額と歳入歳出決算収支の状況

  • 特別会計決算額(14特別会計合計)
     特別会計の決算額は、14特別会計の合計で、
     予算現額 3,264億3,330万円(前年度 1,949億2,446万円)に対し、
     歳入決算額 3,323億680万円(前年度1,989億3,169万円)
     歳出決算額 3,230億6,946万円(前年度1,924億6,571万円)
    となりました。

    ※青森県の特別会計(平成30年度:14特別会計)
     公債費特別会計
     療育福祉・医療療育センター特別会計
     港湾整備事業特別会計
     証紙特別会計
     管理特別会計
     公共用地先行取得事業特別会計
     下水道事業特別会計
     駐車場事業特別会計
     鉄道施設事業特別会計
     国民健康保険特別会計
     母子父子寡婦福祉資金特別会計
     小規模企業者等設備導入資金特別会計
     林業・木材産業改善資金特別会計
     沿岸漁業改善資金特別会計

  • 特別会計歳入歳出決算収支の状況(14特別会計合計)
     歳入から歳出を差し引いた残額(形式収支額)は、92億3,734万円で、各特別会計ごとに令和元年度の歳入に組み入れられました。
     特別会計歳入決算合計額は、前年度に比較して、1,333億7,510万円、率にして67.05%増加しました。
     特別会計歳出決算合計額は、前年度に比較して、1,306億374万円、率にして67.86%増加しました。

  • 特別会計の歳出決算額の前年度比較(増減額の大きなもの)
     平成30年度に新設した国民健康保険特別会計について、歳入決算額が1,297億746万円、歳出決算額が1,271億7,686万円となっています。
     公債費特別会計の歳出決算額は、1,792億1,720万円で、前年度に比較して、76億8,342万円、率にして4.48%増加しました。
     小規模企業者等設備導入資金特別会計の歳出決算額は、5億6,323万円で、前年度に比較して、48億6,430万円、率にして89.62%減少しました。

  • 不納欠損額(14特別会計合計)
     不納欠損額は、1,226万円で、前年度に比較して、706万円増加しています。
     不納欠損額の主なものとしては、小規模企業者等設備導入資金特別会計の895万円があります。

  • 収入未済額(14特別会計合計)
     収入未済額は、3億5,975万円で、前年度に比較して、168万円、率にして0.47%減少しました。
     収入未済額の主なものとしては、母子父子寡婦福祉資金特別会計の2億5,314万円(前年度比 +768万円)があります。
区分 平成30年度
(A)【単位:円】
平成29年度
(B)【単位:円】
増減額((A)-(B))
(C)【単位:円】
増減率
(C)/(B)
予算現額 326,433,303,000 194,924,465,000 131,508,838,000 67.47%
歳入総額 332,306,806,845 198,931,698,782 133,375,108,063 67.05%
歳出総額 323,069,461,593 192,465,717,034 130,603,744,559 67.86%
歳入歳出差引残額
(形式収支額)
9,237,345,252 6,465,981,748 2,771,363,504 42.86%
翌年度へ
繰り越すべき財源
205,620,360 202,276,000 3,344,360 1.65%
実質収支額 9,031,724,892 6,263,705,748 2,768,019,144 44.19%

※このページは30年度決算の概要です。決算額の内訳については、一般会計及び特別会計決算額調べをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

会計管理課 総務・管理グループ
電話:017-734-9744  FAX:017-734-8224

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度