ホーム > 県政情報 > 県財政 > 平成26年度 一般会計歳出決算の状況

更新日付:2015年9月18日 会計管理課

平成26年度 一般会計歳出決算の状況

歳出決算額(目的別)の構成比
  • 歳出決算額
     歳出決算額は、
    予算現額  7,489億3,192万円(前年度7,930億3,259万円)に対し、
    支出済額  6,963億5,083万円(前年度7,248億6,898万円)
    となり、前年度に比較して285億1,815万円、率にして3.93%減少しています。

  • 歳出の概要
    支出済額の主なものについて、前年度との比較と主な増減内容は、
    教育費  1,385億7,763万円 前年度比 +21億6,163万円、+1.58%
    [増加の主なもの 中学校費+11億3,836万円]
    公債費  1,239億8,248万円 前年度比 △3億5,574万円 △0.29%
    [減少の主なもの 公債費特別会計繰出金△3億2,322万円]
    民生費  924億3,219万円 前年度比 +31億3,566万円、+3.51%
    [増加の主なもの 社会福祉総務費+23億3,999万円]
    土木費  737億8,806万円 前年度比 △3億4,425万円、△0.46%
     [減少の主なもの 道路新設改良費△14億6,654万円]
     [増加の主なもの 県道整備事業費+10億3,904万円]
    商工費  721億1,152万円 前年度比 +54億6,979万円、+8.21%
     [増加の主なもの 開発推進費+104億2,852万円]
     [減少の主なもの 中小企業振興費△40億8,594万円]
    農林水産業費 651億5,926万円 前年度比△136億922万円、△17.28%
     [減少の主なもの 造林費△127億9,315万円]
    その他前年度との比較の主な増減内容は、
    総務費  347億3,646万円 前年度比 △242億3,454万円、△41.10%
     [減少の主なもの 財産管理費 △210億9,931万円]
    諸支出金  325億3,089万円 前年度比+40億6,606万円、+14.28%
     [増加の主なもの 地方消費税交付金+27億8,099万円]
    となっています。

  • 翌年度繰越額
     翌年度繰越額は、461億9,381万円で、前年度に比較すると、128億5,960万円、率にして21.78%減少しています。
款名称 歳出決算額
【単位:円】
前年度比増減
【単位:円】
議会費 1,183,495,968 37,604,020
総務費 34,736,464,619 △ 24,234,542,315
民生費 92,432,193,161 3,135,669,975
環境保健費 23,134,920,061 △ 6,574,197,061
労働費 4,381,356,323 △ 2,404,064,660
農林水産業費 65,159,264,544 △ 13,609,226,101
商工費 72,111,529,254 5,469,790,370
土木費 73,788,061,835 △ 344,259,779
警察費 29,702,098,744 1,220,125,573
教育費 138,577,639,152 2,161,637,203
災害復旧費 4,630,433,320 2,912,994,239
公債費 123,982,484,135 △ 355,749,201
諸支出金 32,530,894,467 4,066,067,298
合計 696,350,835,583 △ 28,518,150,439

  • 款名称をクリックすると、款の用語説明をご覧になれます。
歳出決算額(目的別)の推移
※このページは26年度決算の概要です。決算額の内訳については、一般会計及び特別会計決算額調べをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

会計管理課 総務・管理グループ
電話:017-734-9755  FAX:017-734-8224

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度