ホーム > 県政情報 > 県財政 > 平成22年度 一般会計歳出決算の状況

更新日付:2011年9月22日 会計管理課

平成22年度 一般会計歳出決算の状況

歳出決算額(目的別)の構成比
  • 歳出決算額
     歳出決算額は、
    予算現額 7,776億4,619万円(前年度7,924億1,905万円)に対し、
    支出済額 7,237億3,479万円(前年度7,428億8,515万円)
    となり、前年度に比較して191億5,036万円、率にして2.58%減少しています。
  • 歳出の概要
    支出済額の主なものについて、前年度との比較と主な増減内容は、
    教育費         1,503億1,376万円 前年度比 +4億2,667万円、+0.28%
    [増加の主なもの 学校建設費+23億6,400万円]
    [減少の主なもの 教育行政費△19億1,651万円]
    公債費         1,218億9,098万円 前年度比 +44億4,466万円、+3.78%
    [増加の主なもの 公債費特別会計繰出金+45億1,655万円]
    民生費         889億8,759万円 前年度比 △80億4,982万円、△8.30%
    [減少の主なもの 老人福祉費△57億5,946万円]
    土木費         835億2,989万円 前年度比 △219億2,844万円、△20.79%
     [減少の主なもの 新幹線建設対策費△51億7,950万円]
    商工費         738億5,686万円 前年度比 +230億8,976万円、+45.48%
     [増加の主なもの 中小企業振興費+98億7,766万円]
    その他前年度との比較の主な増減内容は、
    環境保健費      285億4,687万円 前年度比 △66億1,160万円、△18.81%
     [減少の主なもの 医務費 △60億3,309万円]
    農林水産業費    631億760万円 前年度比△62億7,703万円、△9.05%
     [減少の主なもの 水産基盤整備事業費△23億3,277万円]
    労働費         98億3,814万円 前年度比△21億7,950万円、△18.14%
     [減少の主なもの 雇用対策費△24億8,601万円]
    となっています。
  • 翌年度繰越額
     翌年度繰り越し金額は、467億4,927万円で、前年度に比較すると、24億4,595万円、率にして5.52%増加しています。
款名称 歳出決算額
【単位:円】
前年度比増減
【単位:円】
議会費 1,128,200,051 △81,473,071
総務費 41,497,333,350 △539,556,688
民生費 88,987,595,730 △8,049,822,512
環境保健費 28,546,872,504 △6,611,605,260
労働費 9,838,144,648 △2,179,504,247
農林水産業費 63,107,602,039 △6,277,030,118
商工費 73,856,860,990 23,089,768,099
土木費 83,529,890,826 △21,928,448,906
警察費 31,386,687,881 △796,334,191
教育費 150,313,767,929 426,678,266
災害復旧費 871,065,875 461,741,634
公債費 121,890,981,399 4,444,665,863
諸支出金 28,779,788,872 △1,109,442,087
合計 723,734,792,094 △19,150,363,218

  • 款名称をクリックすると、款の用語説明をご覧になれます。
歳出決算額(目的別)の推移
※このページは22年度決算の概要です。決算額の内訳については、一般会計及び特別会計決算額調べをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

会計管理課 総務・管理グループ
電話:017-734-9743  FAX:017-734-8224

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度