ホーム > 県政情報 > 県財政 > 平成30年度 一般会計決算額と歳入歳出決算収支の状況

更新日付:2019年9月18日 会計管理課

平成30年度 一般会計決算額と歳入歳出決算収支の状況

  • 一般会計歳入歳出決算額
    平成30年度の一般会計の決算額は、
     予算現額  7,156億4,489万円(前年度 7,789億9,621万円)に対し、
     歳入決算額 6,735億9,054万円(前年度  7,366億9,208万円)
     歳出決算額 6,618億6,670万円(前年度 7,216億3,176万円)
    となりました。
     歳入決算額は、前年度に比較して、631億154万円、8.57%減少しています。
     歳出決算額は、前年度に比較して、597億6,506万円、8.28%減少しています。

  • 一般会計歳入歳出決算収支の状況
     歳入から歳出を差し引いた残額(形式収支額)は、117億2,384万円の黒字であり、
    これから翌年度へ繰り越すべき財源93億6,786万円を差し引いた実質収支額は、
    23億5,598万円(前年度比+3億210万円、+14.71%)となっています。
     また、形式収支額のうち、実質収支額の2分の1以上に相当する11億7,799万円は、
    地方自治法第233条の2の規定に基づき青森県財政調整基金に積み立てられ、残額の
    105億4,585万円は、令和元年度の一般会計の歳入に組み入れられています。
区分 平成30年度
(A)【単位:円】
平成29年度
(B)【単位:円】
増減額((A)-(B))
(C)【単位:円】
増減率
(C)/(B)
予算現額 715,644,896,698 778,996,213,669 △63,351,316,971 △8.13%
歳入総額 673,590,546,821 736,692,088,028 △63,101,541,207 △8.57%
歳出総額 661,866,700,245 721,631,768,446 △59,765,068,201 △8.28%
歳入歳出差引残額
(形式収支額)
11,723,846,576 15,060,319,582 △3,336,473,006 △22.15%
翌年度へ
繰り越すべき財源
9,367,863,577 13,006,442,155 △3,638,578,578 △27.98%
実質収支額 2,355,982,999 2,053,877,427 302,105,572 14.71%

一般会計決算規模の推移
※このページは30年度決算の概要です。決算額の内訳については、一般会計及び特別会計決算額調べをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

会計管理課 総務・管理グループ
電話:017-734-9744  FAX:017-734-8224

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度