ホーム > アナタの声を県政へ > 大雨災害で流木となった針葉樹の活用について

更新日付:2021年12月9日 

大雨災害で流木となった針葉樹の活用について

受付年月日
分野 事業
2021年10月19日 交通・基盤 知事との元気まるごとトーク

提言内容

 今年8月の大雨災害により流された、針葉樹の活用に取り組みたい。バイオマス燃料や、チップ、紙などではなく、ふるさと納税の返礼品や、新しい名産品などとして有効活用し、災害に負けない強い下北をアピールしていきたい。

提案への回答

 森林組合連合会や木材協同組合に依頼し、流木を確認した結果、石や砂が入っている原木があるなどのリスクはありますが、利用できるものもあると判断されたところです。県では、関係者と共同しながら、最大限利活用できる方法を検討して参ります。

担当部署
県土整備部 河川砂防課

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課 広聴グループ
電話:017-734-9138  FAX:017-734-8031

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter