ホーム > 保健・医療・福祉 > 健康福祉政策・包括ケア > 令和元年度青森県公衆衛生医師募集

更新日付:2019年6月7日 健康福祉政策課

令和元年度青森県公衆衛生医師募集

青森県では、将来的に保健所長としてご活躍いただける方を募集しています!
 青森県では、県内の保健所等に勤務し、住民の健康と生活の安全・安心を守る専門家(=公衆衛生医師)として、これらの施策推進に取り組む、熱意ある医師を募集しています。
 募集概要は次のとおりですが、業務内容や給与・休暇等の諸制度など、ご不明の点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

なお、青森県では、社会医学系専門医の資格を取得できる「青森県社会医学系専門研修プログラム」の認定を受けていますので、公衆衛生医師として働きながら、社会医学系専門医の資格を取得することができます。
 詳しくは  下記「青森県社会医学系専門研修プログラム」  をご覧ください。

採用職種及び職務内容

(1)採用職種
医師

(2)職務内容

主に、各地域県民局地域健康福祉部保健総室(保健所)等において、公衆衛生医師として従事します。

採用予定人員

若干名

応募資格


(1)次の(ア)及び(イ)の要件を満たす者
(ア)昭和35年4月2日以降に生まれた者
(イ)医師の免許を有する者
 ただし、平成16年4月1日以降に医師免許を取得した者にあっては、臨床研修を修了した者

(2)次のいずれかに該当する者は、応募できません。
(ア)日本の国籍を有しない者
(イ)成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
(ウ)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
(エ)青森県の職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(オ)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

◎併せて保健所長としてご活躍いただける一般職の任期付職員(任期=3年)の募集を行っています。※一般職の任期付職員の受験資格に年齢制限はありません。

詳しくはこちら

選考の方法


(1)方法 書類審査及び面接
(2)内容 履歴書等の内容を確認の上、面接を行います。
(3)面接日時 面接の日時、会場については別途お知らせします。

応募手続き


(1) 応募方法
 希望者は、事前に連絡のうえ、市販の履歴書(下記の注意事項参照)と医師免許証の写しを青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループまで提出願います。
【履歴書に係る注意事項】
(ア)顔写真を貼付願います。
(イ)学歴(中学校以上を年代順に記入)、職歴及び賞罰の有無を記入願います。
(ウ)連絡先の住所、郵便番号及び電話番号を記入願います。

(2)受付期間
 随時(※応募があり次第、受付は終了させていただく場合があります。)

合格から採用までの流れ


(1)合格者には健康福祉政策課から直接その旨を通知します。
(2)合格者については、原則として応募を受け付けした月の翌々月の1日付けで採用する予定です。
ただし、令和2年1月1日以降の応募については、原則として令和2年4月1日付けで採用する予定です。
(3)「職員の給与に関する条例」の規定に基づき、学歴、職歴等を勘案し給与を決定します。このほか支給要件に応じて、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。

青森県社会医学系専門研修プログラム

 
 社会医学系専門医制度は、一般社団法人社会医学系専門医協会が平成29年度から新たに開始した制度で、青森県では、社会医学系専門医の資格を取得することができる「青森県社会医学系専門研修プログラム」の認定を受けています。
 このプログラムは、青森県健康福祉部、保健所での研修が主体となりますが、その他にも県内の主たる医療機関、教育機関等が研修連携施設、研修協力施設となっています。
 公衆衛生医師として働きながら、3年間の研修を修了し、認定試験に合格することによって社会医学系専門医の資格を取得することができます。

【青森県社会医学系専門研修プログラム】PDFファイル[268KB]

参考

(1)保健所の概要
(2)勤務条件等
ア 給与
・年収(税込) 医歴6年 約1,103万円、医歴10年 約1,155万円
 この他、支給要件に応じて、通勤手当、扶養手当、住居手当等の各種手当が支給されます。
イ 勤務時間

・1週につき38時間45分、1日7時間45分
ウ 休日
・土・日曜日、国民の休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
エ 有給休暇
・年次休暇…4月採用の場合は年15日、その翌年からは年20日
・特別休暇…結婚休暇、服忌休暇、夏季休暇等
オ 子育て支援、介護支援
・子育て支援…妊産婦通院休暇、育児休業、育児休暇、子の看護休暇等
・介護支援…介護休暇、短期介護休暇等
カ 研修等
・ 国立保健医療科学院専門課程、結核研究所医師研修は必須となっており、ほぼ毎年、公衆衛生学会に参加することが可能です。
・ その他の研修等については、必要性に応じて、職務専念義務の免除を行うことで、参加が可能です。なお、長期研修については、研修期間にもよりますが、調整によりできるだけ参加できるよう配慮しています。
・ 地元国立大学との協力による調査研究事業など研究事業への参加を実施しています。
・ 医育機関等への講師派遣、臨床研修医の受入れなど、公衆衛生医師活動の普及啓発を実施しています。

公衆衛生医師のモデル的なキャリアパス(青森県版) も併せてご覧ください。
(3)関係ホームページへのリンク
全国保健所長会
 このホームページでは、全国保健所長会の活動や地域保健、公衆衛生関係の情報提供を行っています。

この記事についてのお問い合わせ

青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループ
電話:017-734-9276  FAX:017-734-8085

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度