ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > スポーツ健康 > スポーツ意欲を高めるイベント「今日から始める親子でスポーツin青森」【たくさんのご参加ありがとうございました】

更新日付:2020年11月10日 スポーツ健康課

スポーツ意欲を高めるイベント「今日から始める親子でスポーツin青森」【たくさんのご参加ありがとうございました】

 令和2年10月24日(土)、スポーツ意欲を高めるイベント「今日から始める親子でスポーツin青森」を開催し、小学生とその保護者約80名の方が参加しました。
 
 第1部の「アスリートによるトークセッション」では、シドニー五輪柔道100kg超級銀メダリストの篠原信一(しのはらしんいち)さんの他、あおもりアスリートネットワークから三ヶ田礼一(みかたれいいち)さん、山下祐史(やましたひろし)さんの計3名のアスリートが出演し、「”こどもとスポーツ”を考える」というテーマのもと、自身の幼少期・子ども時代の過ごし方や子育ての仕方や考え方など、様々なお話を披露してくださいました。
 質疑応答の場面では、篠原さん自ら質問者のもとへ駆けつけるなど、参加者のみなさんとの距離を縮めながら盛り上げてくださいました。
 第2部の「脳と体のための親子運動」では、一般社団法人BLUE ties Impression代表理事の川戸元貴(かわとげんき)さんが講師を務め、自宅で気軽に続けられる親子運動などをアスリート出演者3名を含む参加者全員で行いました。
 第3部の「親子体力測定会」では、握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、立ち幅跳びの5つの種目を、親子や家族、アスリート出演者と一緒に挑戦しました。
 3名のアスリート出演者は、最後までイベントに参加し、参加者のみなさんと楽しく交流しました。
 
 参加者のみなさんからは、「篠原さんのトークも楽しいが気遣いも素晴らしかった」「また参加したい」「今後、家でも運動したい」などの意見が寄せられました。
 また、今回も補助として、青森県立青森東高校陸上競技部の生徒30名の協力をいただきました。参加者のみなさんから「高校生のみなさんがスポーツマンらしくさわやかでした」との意見をいただきました。

 アスリートのみなさん、参加者のみなさん、青森東高校陸上競技部のみなさんありがとうございました。
トークセッション
質問タイム
親子運動
親子体力測定会
最後にみんなで

概要

日時

 令和2年10月24日(土) 9時30分から12時30分まで 9時00分開場

会場

新青森県総合運動公園マエダアリーナ サブアリーナ(青森市宮田字高瀬22-2)

内容

■アスリートによるトークセッション 9時35分から

 テーマ:「”こどもとスポーツ”を考える」

 篠原伸一氏(2000年シドニー五輪柔道100kg超級銀メダリスト)
 三ヶ田礼一氏(1992年アルベールビル五輪ノルディック複合団体金メダリスト、あおもりアスリートネットワーク副代表) 
 山下祐史氏(U-19・U-23ラグビー元日本代表、あおもりアスリートネットワークメンバー)

■「脳と体のための親子体操」 10時30分から

 講師:川戸元貴氏(一般社団法人BLUE ties Impression代表理事)

■「親子体力測定会」 11時20分から
 
 測定内容:握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、立ち幅跳び


 総合司会:小泉亮氏(八戸コミュ二ティラジオBeFMパーソナリティー)

主催

 青森県教育委員会

後援

 公益財団法人青森県スポーツ協会、青森県スポーツ推進委員協議会、特定非営利活動法人青森県スポーツ・レクリエーション連盟、
 青森県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会、あおもりアスリートネットワーク

お問い合わせ先

 青森県教育庁スポーツ健康課スポーツ振興グループ
 
 TEL:017-734-9909
 FAX:017-734-8275
 Mail:E-SPORTS@pref.aomori.lg.jp

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ健康課・スポーツ振興グループ
電話:017-734-9909  FAX:017-734-8275

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度