ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 令和2年12月7日 第7回豆乳レシピ甲子園で最優秀賞、第9回チー1グランプリで地域選抜賞を受賞した県立百石高等学校の生徒が和嶋教育長を訪問しました。

更新日付:2020年12月16日 教育政策課

令和2年12月7日 第7回豆乳レシピ甲子園で最優秀賞、第9回チー1グランプリで地域選抜賞を受賞した県立百石高等学校の生徒が和嶋教育長を訪問しました。

口頭発表
 12月7日、 第7回豆乳レシピ甲子園(郷土料理部門)において最優秀賞を受賞した県立百石高等学校調理科3年の橘 珠里(たちばな しゅり)さん、第9回チー1グランプリ(チーズメニューの普及を目的とするレシピコンテスト)において地域選抜賞を受賞した同科2年の伊藤 憲伸(いとう けんしん)さんが和嶋教育長を訪問しました。
ポスター発表1
 橘さんは、青森県南部地方の郷土料理「ひっつみ」の中に、最近健康に良いとされている「黒にんにく」のペーストを練り込み、塩と薄口醤油で味を調え、野菜と一緒に煮込んだ豆乳ベースの汁物を考案しました。
 「黒にんにくはクセがあるので、ひっつみ自体に混ぜて、甘味だけを引き出す工夫をしました。」、「(将来は)商品開発の仕事ができたらいいと思います。」と話していました。

 伊藤さんは、ご当地食材である「八戸前沖さば」のしめさばと野菜にチーズをかけ、蒸し焼きにしたホイル焼きを考案しました。
 「しめ鯖とチーズと合わせてみるとおいしいのではと思い、誰でも簡単に作れるものを考案しました。」、「これからも新しいものを作ることに挑戦していきたいです。」と話していました。
ポスター発表2
 和嶋教育長は、「今回の受賞は、食物調理科で学んだ基礎を積み重ねてきた結果であり、また家族や友人、周りの方の支えがあって獲得できた賞だと思います。これからもがんばってください。」と激励しました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度