ホーム > 子ども・教育 > 教育政策 > 令和2年11月8日 令和2年度「科学の甲子園」青森県大会を開催しました。

更新日付:2020年11月30日 教育政策課

令和2年11月8日 令和2年度「科学の甲子園」青森県大会を開催しました。

科学の甲子園
 11月8日、青森県総合学校教育センターにおいて、県内の高校生を対象に令和2年度「科学の甲子園」青森県大会を開催しました。「科学の甲子園」は、科学好きの高校生たちがチームで挑戦し、活躍できる舞台として、平成23年度からスタートし、今年度で10回目の開催となりました。

 今年度は、県内10校から各1チーム(70名)が参加し、チーム対抗で筆記競技(理科、数学、情報)及び実技競技(化学分野)に取り組み、総合得点を競いました。 .

 最初に筆記競技(60分)に挑戦し、理科(物理、化学、生物、地学)、数学、情報各1問ずつ、計6問を、チームの仲間と相談しながら、真剣に解いていました。
科学の甲子園
 次に実技競技(60分)に挑戦し、与えられた材料や器具を用いながら、チームで協力して実験し、解答を導き出しました。
ポスター発表2
 総合得点により、優勝は弘前高校の 「海賊王に俺はなる」 チーム、準優勝は 八戸高校の 「八戸高校」 チーム、第3位は 三本木高校の 「DREAM三本木2」 チームとなりました。  
 優勝した弘前高校 「海賊王に俺はなる」 チームは、令和3年3月に茨城県で開催される第10回科学の甲子園全国大会へ出場し、日本一を目指します。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

教育政策課 情報広報グループ
電話:017-734-9868  FAX:017-734-8267

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度