ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > カモシカ

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

カモシカ

記念物(特別天然記念物)

カモシカ

  • カモシカ
    写真提供 平内町教育委員会
指定区分 特別天然記念物
名称 かもしか
カモシカ
所在地 青森県ほか29都道府県
指定年月日 天然記念物:昭和9年5月1日
特別天然記念物:昭和30年2月15日

 ウシ科では最も原始的形質を持つ。
 体色は灰黒色。成獣で体重50kgほど。両性ともに黒色で15cmほどの似た角を持つ。本州、四国及び九州に分布するが、捕獲されて絶滅した地域があり、中国地方には生息せず、四国や九州では中部山地のごく狭い地域に分布するだけである。
 特別天然記念物に指定して保護するようになってからは、次第に増殖し分布域が広がってきた。本県では現在は人里近い植林地にも住み、八戸市などでは種差海岸に近い植林地に定住している。
 母仔2頭で1年間ほど生活するほかは個体生活をするのが普通で、一定の広さの地域内(1km2ほど)で定住生活をする。
 適切な保護管理をするために、全国の生息域で通常調査と特別調査を実施中である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度