ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 成田氏庭園

更新日付:2020年11月12日 文化財保護課

成田氏庭園

記念物(国名勝)

成田氏庭園

  • 成田氏庭園
    写真提供 弘前市教育委員会
指定区分 国名勝
名称 なりたしていえん
成田氏庭園
所在地 弘前市大字樹木
所有者 個人
指定年月日 令和2年3月10日
公開状況 公開(要問合せ)
問合わせ先 弘前市教育委員会文化財課
 TEL0172-82-1642

 江戸時代末期から近代にかけて、津軽地方に広がった独特の意匠・構成を持つ作庭の流派が「大石武学流」であり、成田家庭園もその1つである。宗家5代池田亭月によって昭和7年(1932)に作庭された。
 主庭の地割は、主屋座敷前に庭前を設けて大石武学流庭園の要となる礼拝石の奥に枯池を置き、さらに、右手奥に築山、左手奥に平庭を配して、小規模ながら流派の典型的な定石を優れて実現している。
 大石武学流庭園の優秀な事例の中でも、小規模ながら流派の作庭規範を典型的に示しているとともに、主屋をめぐる主庭、前庭、横庭、全体構成を良好に伝えていて、宗家5代池田亭月の代表作として重要である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度