ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 文化財保護 > 五戸町消防団第一分団屯所

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

五戸町消防団第一分団屯所

県重宝(建造物)

五戸町消防団第一分団屯所

  • (写真提供 五戸町教育委員会)
指定区分 県重宝
名称 ごのへまちしょうぼうだんだいいちぶんだんとんしょ
五戸町消防団第一分団屯所 1棟
所在地 三戸郡五戸町字野月2
所有者 五戸町
指定年月日 平成15年7月14日
公開状況 非公開

時期 〈大正時代〉
 大正2年の大火で焼失した屯所と同じデザインで、大正11年10月に建て直されたもので、昭和15年に購入した消防自動車を納めるため、表側が増築され現在の形となった。
 外観は、二階に縦長窓や半円アーチ窓を用い、下見板張りの外壁など、洋風のデザインが取り込まれており、近代化の特徴がよく現れている。
 また、赤いドーム屋根付の望楼を持った二階建の屯所は、県南地方における消防屯所の代表的なデザインであり、本屯所は、その中でも保存状況が良好であり、県南地方を代表する消防屯所である。
 現在も五戸町消防団第一分団屯所として使用されている。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度