ホーム > 保健・医療・福祉 > 障害福祉 > 障害者差別解消法に規定する福祉分野における対応指針(ガイドライン)

更新日付:2015年11月13日 障害福祉課

障害者差別解消法に規定する福祉分野における対応指針(ガイドライン)

 障害を理由とする差別の解消を推進し、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を図るため、障害者差別解消法が平成28年4月1日に施行されます。

福祉分野における事業者が講ずべき障害を理由とする差別を解消するための措置に関する対応指針

 事業者は、その事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはなりません。
 また、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合は、その実施に伴う負担が過重でないときは、社会的障壁の除去に必要かつ合理的な配慮をするよう努めなければなりません。

 以上のことについて事業者が適切に対応することができるよう、厚生労働大臣が福祉分野におけるガイドライン(対応指針)を定めましたので、福祉事業者の皆さまには、障害者の差別解消に向けた取組を積極的に進めてくださるようお願いします。

福祉分野における事業者が講ずべき障害を理由とする差別を解消するための措置に関する対応指針[1070KB]

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課障害企画・精神保健グループ
電話:017-734-9307  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度