ホーム > 保健・医療・福祉 > 介護・高齢福祉 > 「若年性認知症支援ガイドブック」を作成しました

更新日付:2013年4月10日 高齢福祉保険課

「若年性認知症支援ガイドブック」を作成しました

 認知症は加齢とともに発症リスクが高くなる疾患ですが、若くして発症することがあり、65歳未満で発症した認知症を「若年性認知症」といいます。
 若年性認知症を発症した方の多くは、働き盛りの世代で発症するため、認知症高齢者とは異なる様々な問題に直面し、本人・家族にとって身体的・精神的・経済的負担が大きく、総合的な相談支援体制が望まれているところです。
 青森県では、このような現状を踏まえ、市町村をはじめとする若年性認知症支援に携わる関係者の皆様に、若年性認知症への理解を深めていただくとともに、支援にあたっての参考としていただくことを目的に「若年性認知症支援ガイドブック~若年性認知症の方とその家族の支援のために~」を作成しました。
 
  • 若年性認知症支援ガイドブック~若年性認知症の方とその家族の支援のために~
    (平成25年3月発行)

    【内容】
     1 認知症について
     ・認知症とは
     ・認知症の治療は
     ・若年性認知症とは
     ・若年性認知症の実態
     ・早期発見・早期診断と早期治療
     ・告知の問題
     2 若年性認知症と思われる症状 
     ・認知症が疑われる症状
     3 若年性認知症の主な症状
     ・若年性認知症について知ろう
     4 障害福祉サービス
     ・精神障害者保健福祉手帳
     ・自立支援医療(精神通院医療)
     ・生活介護
     ・就労支援
     5 高齢福祉サービス
     ・介護保険
     ・介護保険で利用できるサービス
     6 経済的支援
     ・自立支援医療(精神通院医療)
     ・重度心身障害者医療
     ・傷病手当金
     ・障害年金
     ・生活保護制度
     ・生活福祉資金貸付制度
     ・税制上の優遇
     7 成年後見制度
     ・成年後見制度とは
     8 相談内容から導き出す支援
     ・本人から
     ・家族から
     ・施設から
     9 青森県内の関係機関等

この記事についてのお問い合わせ

青森県高齢福祉保険課 高齢者支援・介護保険グループ
電話:017-734-9296  FAX:017-734-8090

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度