ホーム > 保健・医療・福祉 > 医療薬務 > あすなろ療育福祉センター - 医療型児童発達支援センター

更新日付:2017年2月1日 青森県立あすなろ療育福祉センター

あすなろ療育福祉センター - 医療型児童発達支援センター

医療型児童発達支援(あぷるん)

img room1
 障害(主に重症心身障害児または肢体不自由を有する)を持つ就学前のお子さんを対象に保護者と一緒に利用していただき、医療・保育を通して発達を促し、家庭と連携をとって、より良い療育が行なわれるよう支援します。

[利用内容]
 月曜日~金曜日の児童と保護者一緒での利用となっております。
(利用回数はお子さんの状況や利用状況に合わせて保護者の方と話し合い決定します)
 保護者と一緒に身体を動かしたり、音楽を楽しんだり、制作や戸外での遊びなどを取り入れながら、いろいろな感覚を刺激し、発達を促します。
 また、季節の行事だけでなく園外保育や誕生会、幼稚園との交流保育も行っています。
 1年以上、週2回以上利用している年長のお子さんを対象に、週1回は母子分離保育を行っています。
[送迎バス利用]
 ・自家用車で利用できない方
 (・センターから30分程度の距離)
[主な行事]
 ・12月~クリスマス会 ・3月~卒園式
 ・各季節の行事
 誕生会(年6回) 交流保育(年4回) 遠足・園外活動(年3回)
 保護者研修会
1日の保育スケジュール
※8時30分~9時30分バス運行(自家用車での利用が出来ない児童)
時間 活動 内容
 8時30分 登園
健康状態確認
自由遊び
お帳面にシールを貼りましょう。
検温をします。
好きなおもちゃで遊びます。
10時30分 朝の会
設定保育
今日の当番は誰に当たるかな?
今日の遊びは何かな?
11時30分 排泄
手洗い
おむつ交換や、便器、おまるでの排泄。
昼食前の手洗い。
11時45分 昼食 みんなで食べるごはんは、おいしいよ。
(食事の形態はお子さんに合わせて提供します)
12時15分 自由遊び ごはんのあともみんなで遊ぼう。
13時 帰りの会
(母子分離)
お帳面をもらいましょう。
絵本の読み聞かせ、歌など。
13時30分 降園 さようなら、またあしたね。
14時30分 年長母子分離児の個別支援
年長母子分離児降園

※13時30分~14時30分バス運行(自家用車での利用が出来ない児童)
医療型児童発達支援 あぷるん 利用までの流れ
1 お近くのスタッフまでご相談ください。
2 母子体験日時を決定
 「医療型児童発達支援センター母子体験利用申込・連絡票」に記入し外来で医師の診察を受けます。
3 母子体験実施(10時~11時30分)
4 お住まいの市町村に申請
 「サービス等利用計画案提出依頼書」をもらいます。
5 相談支援事業所と契約し計画案を作成
6 受給者証の発行・利用開始
 計画案を基に市町村がサービスの種類・支給量を決定します。
 あすなろ療育福祉センターと契約します。
費用
1 サービス利用料金の1割が自己負担となります。(但し、市町村で決定された負担上限月額を超える負担はありません。)
2 施設で定めた食費を負担していただきます。(所得に応じて軽減はあります。)
 センター発行の納入通知書にて納入してください。

放課後等デイサービス(かしすん)

 放課後や長期の休み期間、障害のある学齢児(小学1年から高校3年まで)を対象に日常生活に必要な動作の習得や集団生活への適応が出来るように支援します。
 1日5名としております。
 <実施日・時間>
 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)12時から16時45分
 長期の休み期間は9時から16時45分
 <送りサービス>
 センターから30分程度の距離
 医療ケアの必要がない方で、1日2名まで
1日のスケジュール
時間 内容 備考
 9時 来所
 健康チェック
長期の休み期間
10時 朝の会
午前の活動、水分補給
長期の休み期間
11時 ☆排泄 長期の休み期間
11時45分 昼食、歯みがき 長期の休み期間
12時15分 下校後に来所、健康チェック、手洗い
昼食、歯みがき
13時 リラックスタイム
14時 ☆排泄
午後の活動・あそび
☆排泄は適宜、行います。
15時 おやつ・水分補給 ★おやつ、水分は各自で御用意ください。
16時 リラックスタイム
帰りの会
☆排泄
16時45分 退所

放課後等デイサービス かしすん 利用までの流れ
 1 お近くのスタッフまでご相談下さい。
 2 母子体験日時を決定
 「医療型児童発達支援センター母子体験利用申込・連絡票」に記入し外来で医師の診察を受けます。
 3 母子体験実施(12時15分~15時)
 4 お住まいの市町村に申請
 「サービス等利用計画案提出依頼書」をもらいます。
 5 相談支援事業所と契約し計画案を作成
 6 受給者証の発行・利用開始
 計画案を基に市町村がサービスの種類・支給量を決定します。
 あすなろ療育福祉センターと契約します。
費用
1 サービス利用料金の1割が自己負担となります。(但し市町村で決定された負担上限額を超える負担はありません)
2 食費は自己負担となります。センター発行の納入通知書にて納入してください。
「自己評価」及び「保護者からの事業所評価」
放課後等デイサービスガイドラインに基づき、「事業者向け放課後等デイサービス自己評価表」及び「保護者向け放課後等デイサービス評価表」による評価を実施しましたので、結果を公表します。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県立あすなろ療育育福祉センター
電話:017-781-0174  FAX:017-766-4396
外来直通:017-781-0176
総合相談支援センター直通:017-782-7773

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度