ホーム > 保健・医療・福祉 > 医療薬務 > あすなろ療育福祉センター - 相談窓口

更新日付:2016年5月30日 青森県立あすなろ療育福祉センター

あすなろ療育福祉センター - 相談窓口

あすなろ総合相談支援センターとは

 肢体不自由・重症心身障害を中心とした障害のある方、または、障害の心配がある方についての相談に対し、適切な助言をすることをはじめとして、障害福祉サービスや各種支援に関する情報提供をするとともに、関係機関と連絡調整、障害のある方及びその家族に対する総合的、広域的な支援、情報提供を行います。

○相談支援事業
 関係機関と連絡調整し、サービス等利用計画・障害児支援計画の作成、各種福祉サービスの情報提供や利用についての助言を行い、障害のある方が地域で安心した生活が送れるよう支援します。

○広域的相談支援
 障害のある方について、福祉だけでなく保健、医療等の多岐にわたる広域的な相談に応じ、必要な支援、関係機関のあっせん・調整などを行います。

○障害児(者)総合情報システム
 障害児(者)福祉に関する情報等や、福祉サービス事業所に関する基本情報などを公開します。

次のような御相談がありましたら、ご連絡ください。
<子育てについて>
 抱きにくい、ミルクを飲ませにくい、ゆっくり休みたい、子育てサークルについて知りたい

<発達について>
 首のすわりが遅い、ハイハイしない、手足の関節がかたい、体の動きや手先がぎこちない、ことばの発達が遅い

<集団参加について>
 保育所、幼稚園に通わせたい、入学・進学で迷っている、学校を卒業した方が通えるところを探している

<福祉サービスについて>
 利用できるサービス・手続きについて知りたい、サービス等利用計画を作ってほしい

TEL017-782-7773(直通)FAX 017-766-4396
受付時間:9時から16時30分
場所:青森市石江字江渡101(あすなろ療育福祉センター内)
ホームページ http://asunaro-soudan.pref.aomori.lg.jp/
 

医学的相談

 医学的相談(整形外科、リハビリテーション)などの方は、 初回相談時に外来看護師が対応します。

 「1歳6カ月になるのに、まだひとりで歩かない」「発達が遅いのではないか?」「病気かどうかよくわからないので、みてほしい」といわれたお子さんが紹介されて受診することが多いです。
 結果的に「発達の遅れ」があったり、「脳性麻痺(のうせいまひ=自分の思うように体を動かせない)」をはじめとした「何らかの病気をもっている」お子さんをみることが多くなっていますが、必ずしもそれだけではありません。市内の一般の小児科、整形外科と同じように、普段は病気をもっていないお子さんでも必要があれば診察しています。必要に応じてリハビリテーションなども行います。主として「こどもの発達」について相談したいことがある場合、その他お子さんのことについて、どこの病院に行っていいか相談することもできず迷っている場合には、一度お気軽にご相談ください。

外来直通
TEL017-781-0176
受付時間:午前8時30分から11時
午後13時から16時15分

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県立あすなろ療育福祉センター
電話:017-781-0174  FAX:017-766-4396
外来直通:017-781-0176
総合相談支援センター直通:017-782-7773

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度