ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 特定疾患治療研究事業 対象疾患

更新日付:2015年2月24日 保健衛生課

特定疾患治療研究事業 対象疾患

 平成27年1月から対象疾患が以下のとおり5疾患となりました。
 ただし、 3~5の疾患については平成27年1月以降新規で申請することができません。
 なお、3の重症多形滲出性紅斑(急性期)のうち、「スティーヴンス・ジョンソン症候群」及び「中毒性表皮壊死症」は難病の新しい医療費助成制度(指定難病医療費助成制度)に基づき新規申請することができます。
難病の新しい医療費助成制度(指定難病医療費助成制度)について

1 スモン
2 プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病に限る。)
3 重症多形滲出性紅斑(急性期)
4 難治性の肝炎のうち劇症肝炎
5 重症急性膵炎

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課難病対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度