ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 水痘(みずぼうそう)に注意しましょう!

更新日付:2017年9月14日 保健衛生課

水痘(みずぼうそう)に注意しましょう!

現在、警報・注意報は発令されていません。 警報・注意報 PDFファイル 62KBは保健所別に発令されます。)
最新の感染症発生動向はこちらのホームページをご覧ください。

お知らせ

水痘(みずぼうそう)とは?

 水痘(みずぼうそう)は、水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。水痘は、主に小児の病気で、9歳以下での発症が90%以上を占めていると言われており、子どもの症状は、全身性で掻痒を伴い、発疹は、紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。成人でも感染する場合があり、重症化するリスクが高いと言われています。

 
 感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染であり、感染から2週間程度で症状が現れるとされています。
 平成26年10月1日から、水痘ワクチンは定期予防接種となり、無料で接種できるようになりました。水痘ワクチンの定期接種は、生後12月から生後36月に至るまでの間にある方(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日までの方)を対象としています。
 定期接種の実施主体は市町村となりますので、定期接種のことについては、お住まいの市町村にお問い合わせください。

関連情報

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 感染症対策グループ
電話:017-734-9284  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度