ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > トリコモナス感染症

更新日付:2008年7月14日 保健衛生課

トリコモナス感染症

※下記の項目をクリックすれば、情報がご覧になれます。
性感染症Top 性感染症(STD)とは Q&A 青森県からのお知らせ リンク

トリコモナス感染症


-どんな病気なのか?-

■ 性的に活発な若い女性でよく見られます。

男性も女性もかかる性感染症(STD)ですが、症状が女性で目立ちます。

また、女性は感染した男性あるいは感染した女性から感染しますが、男性は通常感染した女性からのみ感染します。

男性と男性との間の性行為(セックス)では通常感染しないのが、他の性感染症(STD)と比較しての特徴です。
 
■ トリコモナスという一種の寄生虫による感染症です。

肉眼で見分けることができない、単細胞の原生動物に属する寄生生物(ゾウリムシのようなもの)が膣や尿道内に入り込みさまざまな症状をおこします。
 
■ 何度でも再感染することがあります。

 
■ 主に性行為(セックス)による直接的な接触で感染します。

  
■ HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染率が高まります。

女性が感染した場合、パートナーからHIV(ヒト免疫不全ウイルス)を受け取る可能性を増し、パートナーにHIVを感染させる可能性も増します。

-どんな症状なのか?-

男性の場合

 主な感染部位は、尿道です。

 潜伏期間(感染成立してから発症するまでの期間)は、10日間前後です。

 主として、尿道炎を呈します。ただし、大部分は何の症状も徴候も現れません。

 症状が出た場合の主な症状は、次のとおりです。

 ・尿道から分泌物(うみ)

 ・陰茎内部の刺激

 ・排尿時あるいは射精後の焼けるような感じ
 
男性で症状が出た場合でも、通常2~3週間で症状は消えることが多いです。しかしながら、そのようにして自然に症状が消えた場合でも、最初から何の症状がなかった場合でも、治療を受けない限り、パートナーに感染させる可能性があります。


 
女性の場合

 症状が出る主な場所は、膣です。

 潜伏期間(感染成立してから発症するまでの期間)は、通常5~28日以内です。
 
 主として、膣炎を起こします。多くの女性で、感染すると症状・徴候が現れます。

 主な症状は、次のとおりです。

 ・強い匂いの黄緑色の泡立った膣からのおりもの
 ・性交時や排尿時の不快感
 ・陰部の刺激やかゆみ
 ・下腹部の痛み

 妊娠中に女性が感染すると,早期破水や早産を招くことがあります。

-予防はどうすればいいのか?-

■ コンドームを使用してください。

コンドームの正しい使用が有効です。
 
■ 感染が疑われる相手との性的交渉を避けてください。
 
■ パートナーと同時に検査・治療を受けてください。
 

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉部保健衛生課健康危機対策グループ
電話:017-734-9284  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度