ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

更新日付:2012年6月4日 保健衛生課

先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

 20歳以上の先天性血液凝固因子障害等の患者さんが、対象となる疾病に関する治療を受ける際に、医療費が公費で負担される制度です。
1 対象者について
 青森県内に住所があり、下記(1)又は(2)の疾患の治療を受けている20歳以上の方となります。
(1)先天性血液凝固因子欠乏症のうち次の疾患
項目 疾患名 項目 疾患名
1 第1因子(フィブリノゲン)欠乏症 7 第10因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症
2 第2因子(プロトロンビン)欠乏症 8 第11因子(PTA)欠乏症
3 第5因子(不安定因子)欠乏症 9 第12因子(ヘイグマン因子)欠乏症
4 第7因子(安定因子)欠乏症 10 第13因子(フィブリン安定化因子)欠乏症
5 第8因子欠乏症(血友病A) 11 von willebrand(フォン・ヴィルブランド)病
6 第9因子欠乏症(血友病B)

 (2)血液凝固因子製剤に起因するHIV感染症

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課難病対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度