ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 特定疾患治療研究事業 自己負担について

更新日付:2011年12月1日 保健衛生課

特定疾患治療研究事業 自己負担について

 医療機関ごとに、月額の自己負担額が定められており、生計中心者(患者の生計を維持している人)の所得税及び市町村民税の課税状況に応じて決定されます。

自己負担限度額 PDFファイル 109KB
 ただし、薬局(院外処方)での保険調剤、訪問看護については自己負担がありません。
 また、対象疾患のうちスモン、プリオン病、難治性の肝炎のうち劇症肝炎、重症急性膵炎、重症多形滲出性紅斑(急性期)の5疾患と重症認定を受けた人についても自己負担がありません。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課健康危機対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度