ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 感染症対策ネットワークセミナー

更新日付:2012年10月22日 保健衛生課

感染症対策ネットワークセミナー

 「感染症対策ネットワークセミナー」は、感染症対策の基礎・感染症患者発生時の対応などについての基調講演・ワークショップなどを行うことにより、感染症対策に関する理解を深め、感染症に正しく対処することにつなげるとともに、参加者の間で感染症対応について相互に協力する意識醸成の機会をつくることを通じて、地域の感染症対策の向上を図ることを目的としています。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。
会場 日時・場所・講演者
(平成24年)
対象者・募集 プログラム 関係要項
【終了しました】
セミナー青森
10月18日(木)13:30~17:00
青森国際ホテル

講演者・ファシリテーター
対象者
応募申込
プログラム概要 セミナー青森要領


セミナー青森

同日併催(10月18日 10:00~11:30 青森国際ホテル) 第6回感染症リスクマネジメント作戦講座(第1日目)
感染症対策ネットワークセミナー/ ポスターチラシ PDFファイル 1,225KB
ワークショップ参加者登録申込書/ ワード形式PDF形式 PDFファイル 255KB
趣旨
 平成21年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)は、病状の程度がそれほど重くならないものでしたが、現在、東南アジア等で散発的に発生している高病原性鳥インフルエンザ(A/H5N1)が変異してヒトからヒトに感染するようになった場合、多くの人命が失われるおそれがあり、社会全体の混乱も懸念されます。
 こうした状況の中で、病原性が高い新型インフルエンザや同様な危険性のある新感染症に対して、国民の生命及び健康を保護し、国民生活及び国民経済に及ぼす影響を最小限にすることを目的として、平成24年5月、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が公布されました。
 このことを踏まえ、今般、あらためて新型インフルエンザとは何か、それへの対応をどうするべきか、などに関するセミナーを実施します。
 セミナーは、基調講演、ワークショップ及び全体会の3段階で構成しており、セミナー全体のテーマ及びワークショップのテーマは下記のとおりです。
  • 全体テーマ【基調講演・全体会】
     新型インフルエンザ-パンデミック、その時あなたは-
  • ワークショップ・テーマ
     ア 医療提供分野「パンデミック期の医療提供体制をどう確保するか」
     イ 社会対応分野「パンデミック期の社会・経済機能をどう維持するか」
日時 平成24年10月18日(木) 13:30~17:00
場所 青森国際ホテル 青森市新町1-6-18 電話017-722-4321

        <基調講演>: 2階「春秋の間」 

        <ワークショップ>: 医療対応分野 3階「孔雀の間」 / 社会対応分野 3階「芙蓉の間」
  • 基調講演・ワークショップ(医療対応分野)・全体会
     萱場 広之/弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座教授
  • ワークショップ(社会対応分野)
     加來 浩器/防衛医科大学校防衛医学研究センター 感染症疫学対策研究官 教授
 医療機関の医療従事者県・市町村の職員及び一般県民
  • 基調講演・全体会 定員200人程度
  • ワークショップ
     「医療提供分野」 参加者定員50人程度
     「社会対応分野」 参加者定員50人程度
注意事項
基調講演・全体会について
1.基調講演・全体会は、「一般開放」となります。
ワークショップについて
1.ワークショップは、ファシリテーターが提示する状況に関して様々なディスカッション及びそのまとめを行うなどから、事前にワークショップ参加者としての登録が必要です。
 ワークショップ参加者の募集(登録)期間は、9月10日(月)~10月9日(火)となります。
 なお、ワークショップ参加に必要な諸事項は、参加の可否を連絡する際に併せてお知らせします。また、募集(登録)は、定員になり次第締め切りとなります。
 登録は、指定の申込様式(ワード形式PDF形式 PDFファイル 255KB)により、ファックスで下記までお申し込みください。
2.ワークショップ参加者登録をしていない方も、基調講演に続いて各ワークショップを聴講することができます。(ただし、お席に限りがあります。)

<申し込み・問い合わせ>

青森県健康福祉部保健衛生課(健康危機対策グループ)

〒030-8570 青森市長島1丁目1番1号
電話017-734-9215 FAX017-734-8047
電子メール hoken@pref.aomori.lg.jp

セミナーのプログラムの概要は、次のとおりです。(セミナーの演題等については、変更になる場合があります。)
13:30 開会 主催者あいさつ
13:35 基調講演 「新型インフルエンザ-今そこにある危機とその備え-」
           講演者 萱場 広之/弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座教授
14:35 休憩・ワークショップ分科会場へ移動
14:45 ワークショップ
       1.医療対応分野 「パンデミック時の医療提供体制」
          ファシリテーター 萱場 広之/弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座教授
       2.社会対応分野 「パンデミック時の社会機能維持」
          ファシリテーター 加來 浩器/防衛医科大学校防衛医学研究センター 感染症疫学対策研究官 教授
16:05 休憩・全体会場へ移動
16:15 全体会 ワークショップの各分野のまとめ発表(代表者)・全体まとめ・講評
17:00 閉会(予定)

参加費用
 セミナーの参加に要する費用(テキスト、資料代を含む。)は無料です。
 (ただし、会場までの交通費等は自己負担となります。)
その他
 ワークショップ(医療対応分野、社会対応分野)で議論した内容については、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)に基づき策定する本県分の都道府県行動計画に盛り込む内容の参考とすることとしています。

感染症対策ネットワークセミナー実施要項等

「感染症対策ネットワークセミナー」は、次の実施要項等に基づき実施します。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 健康危機対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度