ホーム > 保健・医療・福祉 > 医療薬務 > こども救急電話相談

更新日付:2011年8月1日 医療薬務課

こども救急電話相談

平成23年8月1日から毎日夜7時から翌朝8時まで相談時間を延長しました
 県では、小さなお子さんをお持ちの方が、夜間の急な子どもの病気等で対応に困った時に電話で相談に応じる「こども救急電話相談」を行っています。
 「こども救急電話相談」では、すぐに受診したらよいのか、それとも家で様子をみても大丈夫なのか不安な時、緊急受診の目安や家庭での看護の仕方などについて、医師の支援を受けながら看護師がアドバイスします。
相談受付日時
平成23年8月1日から相談時間延長
毎日 夜7時から翌朝8時まで
電話番号
電話番号には変更はありません
 局番なしの「#8000」  (携帯電話からもかけられます。)  ダイヤル回線電話、公衆電話からは「017-722-1152」
利用上の注意
・ 対象は、おおむね15歳未満の子どもの保護者等です。
・ 「こども救急電話相談」は、子どもの急な病気やけが等への応急的な対処方法等に関する助言と情報提供を行うもので、治療や処置を指示するものではありません。
・ 電話が混み合ってつながりにくい場合は、恐れ入りますが少し時間をおいておかけ直しください。
・ 子どもの健やかな成長を助けるためには、日頃から子どもの体質や病歴を把握している「かかりつけ医」を持ち、具合が悪そうな時などは、診療時間内に、早めにかかりつけ医を受診するよう努めましょう。
その他
 県では、ちいさなお子さんを持つ家庭が、すこしでも安心して子育てできるよう、小児の病気や事故予防について記載した「大事なことだけ!子どもの応急手当・事故予防」を作成しています。
 普段から目を通して、いざというときにあわてず活用していただくとともに、日頃から子どもの体調によく注意し、かかりつけのお医者さんをもつよう心がけましょう。
「保存版」大事なことだけ!こどもの応急手当・事故予防

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

医療薬務課地域医療確保グループ
電話:017-722-1111(内線6247) FAX:017-734-8089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度