ホーム > 保健・医療・福祉 > 医療薬務 > 女性医師支援

更新日付:2013年8月22日 医療薬務課

女性医師支援

 医師に占める女性の割合が全国的に高まっている現在、青森県でも、29歳以下の医師の3割は女性となっています。女性医師が安心して妊娠、出産、育児をしながら、医師として働き続けることのできる環境を整えなければ、これからの医療は成立しなくなると言っても過言ではありません。
 青森県では、女性医師が充実した生活を送りつつ医師としての力を発揮できるよう、女性医師が働きやすい環境の整備に取り組んでいます。

1 女性医師勤務サポートシステムの構築

「女性医師勤務サポートシステム検討委員会」を設置し、女性医師が出産・育児をしながら継続して勤務できるサポートシステムの構築について検討しました。
  ◆平成21年7月7日(火) 第1回委員会開催

2 悩みや不安を相談できる体制を整備

青森県医師会と連携し、次の事業を実施しています。

○ 女性医師の育児等についての相談に応じるため、平成21年度から、県医師会に医師相談窓口を設置
 ◆青森県医師会「医師相談窓口」HP
○ 女性医師等が先輩医師等に悩みや不安を相談できるよう、女性医師間のネットワークを構築
 ◆平成22年11月27日(土) 女子医学生と女性医師の交流会開催(青森県・青森県医師会主催、弘前大学大学院医学研究科後援)

3 病院の意識改革と取組促進

 医療機関の長等を対象に、女性医師が働きやすい環境づくりについてシンポジウムを開催しました。

 ◆平成22年3月27日(土) 「医師の働きやすい環境づくりを考えるシンポジウム」を開催しました

4 モデル事業の実施とフォローアップ  

 県内病院で産休や育児休業を取得する医師は少なく、また、県内病院の7割が育児短時間勤務制度を導入しているものの、医師の利用はほとんどないのが現状です。
 そこで、県内の自治体病院で育児短時間勤務制度の活用促進を図るための補助事業を、弘前市立病院でモデル的に実施しました。

【参考】
 ○平成23年度青森県女性医師等勤務サポートシステム構築事業費補助金交付要綱 
 ○平成24年度青森県女性医師等勤務サポートシステム構築事業費補助金交付要綱

 また、弘前市立病院で実施した補助事業の取組状況や成果、課題について検証するため、「医師の働きやすい環境づくりモデル事業検証会議」を開催しました。
 
 ◆平成25年3月13日(水) 検証会議開催

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

医療薬務課 良医育成支援グループ
電話:017-734-9288  FAX:017-734-8089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度