ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 難病の新しい医療費助成制度 指定医・指定医療機関の申請

更新日付:2017年8月2日 保健衛生課

難病の新しい医療費助成制度 指定医・指定医療機関の申請

 支給認定に必要な 診断書(臨床調査個人票)は、 知事の指定を受けた医師である 指定医でなければ作成できません。
 また、医療費の公費負担は、知事が指定した 指定医療機関が行う指定難病に係る医療に限り、対象となります。
 ※特定疾患治療研究事業で現在県と委託契約を締結している医療機関においても、改めて指定を受けていただく必要があります。
 難病患者が身近な地域で医療を受けることができるよう、申請手続をしてくださるようお願いいたします。なお、申請書の様式等は、以下のとおりです。

指定医

 知事が指定する指定医には、以下の2種類があります。
 (1) 難病指定医
 新規・更新の診断書(臨床調査個人票)のどちらも作成可能な医師
 (2) 協力難病指定医
 更新の診断書(臨床調査個人票)のみ作成可能な医師
 詳しくはこちら[651KB]をご覧ください。
 なお、申請書等の様式は、以下のとおりです。
  • 指定医指定申請書word
    ※添付書類
     経歴書
     医師免許証の写し
     専門医の資格を証明する書面(専門医資格により申請する場合)
  • 申請事項変更届出書word(以下に関して変更がある場合)
     ・指定医の氏名
     ・連絡先(住所・電話番号)
     ・医籍登録番号、登録年月日
     ・担当する診療科名
     ・主として指定難病の診断を行う医療機関の名称及び所在地
    ※県外に転出するとき
     主として指定難病の診断を行う医療機関を県外に変更するときは、当該医療機関
    の所在地の都道府県に改めて指定医指定申請書を提出し、新たな指定を受けると
    ともに、青森県に変更届出書を提出してください。
  • 指定辞退届出書[46KB]Excel[13KB]
     ・指定医の指定を辞退するときは、辞退届出書を提出してください。
  • 指定医死亡届出書[64KB]word[20KB]
     ・指定医が死亡した場合にあっては、その者の親族又は診療に従事していた医療機関の管理者から届け出てください。

指定医療機関

 詳しくは、こちら[66KB]をご覧ください。
 なお、必要な書類は、以下のとおりです。
  • 申請事項変更届出書word(以下について変更がある場合)
     ・指定医療機関の名称及び所在地
     ・開設者の住所、氏名又は名称
     ・標ぼうしている診療科名
     ・役員の氏名及び職名(開設者が法人の場合)
  • 指定辞退申出書word
     ・医療機関の業務は継続するが、指定医療機関の指定を辞退する場合
  • 指定医療機関廃止届word
     ・医療機関を廃止した場合

    ※医療機関の移転や法人化による開設者の変更により保険医療機関コード(保険薬局コード、訪問看護ステーションコード又は介護保険事業所番号含む)が変更になる場合は、指定医療機関廃止届を提出するとともに、変更後の保険医療機関コードにて新たに指定医療機関指定申請書を提出してください。

青森県難病指定医研修について

・平成28年度青森県難病及び小児慢性特定疾病に関する指定医研修の開催について

※平成29年度の研修については決まり次第掲載いたします。

提出先

〒030-8570 青森市長島1丁目1番1号
 青森県健康福祉部 保健衛生課 難病対策グループ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 難病対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度