ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 難病の新しい医療費助成制度(指定難病医療費助成制度)

更新日付:2016年5月23日 保健衛生課

難病の新しい医療費助成制度(指定難病医療費助成制度)

お知らせ

難病の新しい医療費助成制度について

 原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を「指定難病」といいます。
 指定難病の患者さんに対しては、医療費の負担軽減を図るため、一定の認定基準を満たしている方を対象に、その治療に係る医療費の一部を助成する制度を行っています。

 平成26年12月31日までは56疾患を医療費の助成対象(特定疾患治療研究事業)としていましたが、平成27年1月より新たに法律が施行され、対象疾病が110疾病に拡大しました。  
 さらに、平成27年7月からは306疾病に拡大しました。
1 対象疾病(指定難病一覧・臨床調査個人票様式等)
2 対象者
3 給付の内容(医療費の公費負担)
4 自己負担
12 指定医・指定医療機関の申請(保険医療機関等の方へ)
13 保健所一覧(問い合わせ・申請書類等提出先)

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 難病対策グループ
電話:017-734-9215  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度