ホーム > 保健・医療・福祉 > 医療薬務 > 新型コロナウイルス感染症への対応における病院内保育所等の活用について

更新日付:2020年3月10日 医療薬務課

新型コロナウイルス感染症への対応における病院内保育所等の活用について

 令和2年2月27日、今般の新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、政府から小学校、中学校、高等学校等に対し、同年3月2日以降の臨時休業が要請されました。
 今後、小学校等の休業への対応として、子どもを持つ医療従事者が、子育てを理由とした休暇を取得せざるを得ない状況等になることが想定されます。
 このような状況を踏まえ、厚生労働省から、院内保育所等(小学校に就学している子どもを預かるものを含む。以下同じ。)の活用について、事務連絡が発出されました。

1.院内保育所等の開所について

 院内保育所等は、感染の予防に留意した上で、原則として開所していただきたい。ただし、院内保育所等の利用児童や職員が罹患した場合等は、休園を検討していただきたい。

2.院内保育所等の人員基準の取扱いについて

 院内保育所等で保育士等が一時的に不足し、人員配置の基準を満たすことが出来なくなること等が考えられるが、各都道府県等においては、利用児童の保育に影響が生じない範囲で、基準の適用について配慮していただきたい。

3.院内保育所等において小学校に就学している子どもを受け入れることについて

 医療従事者の勤務継続のため、医療従事者の小学校に就学している子供を、院内保育所等で積極的に受け入れていただきたい。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

医療薬務課良医育成支援グループ
電話:017-734-9288 FAX:017-734-8089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度