ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > ヘルパンギーナに注意しましょう!

更新日付:2017年10月13日 保健衛生課

ヘルパンギーナに注意しましょう!

現在、警報・注意報は発令されていません。
警報 PDFファイル 62KBは保健所別に発令されます。)
最新の感染症発生動向はこちらのホームページをご覧ください。

お知らせ

ヘルパンギーナとは?

ノロウイルス(電子顕微鏡像)
 ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性発しんを特徴とし、夏期に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎であり、いわゆる夏かぜの代表的疾患です。
 その大多数はエンテロウイルス属、流行性のものは特にA群コクサッキーウイルスの感染によるものとされています。
 感染経路は、飛沫感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)です。
 特別は予防法はなく、感染者との密接な接触を避けること、流行時にうがいや手指の消毒を励行することなどです。 

関連情報

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課 感染症対策グループ
電話:017-734-9284  FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度