ホーム > 保健・医療・福祉 > 保健衛生 > 「ハンセン病を正しく知ろう展」(パネル展)を開催します

更新日付:2019年01月15日 保健衛生課

「ハンセン病を正しく知ろう展」(パネル展)を開催します

「ハンセン病を正しく知ろう展」~第2回

ハンセン病について正しく知ろう!
ハンセン病は、かつては「らい病」と呼ばれた、極めて弱い病原菌による感染症です。
現在は発病しても有効な治療薬により治癒しますが、昔、患者に対して誤った政策がとられたことから、この病気に対する多くの差別や偏見の要因となりました。
全国に14箇所あるハンセン病回復者療養所の一つである青森市の国立療養所松丘保養園の生活等の貴重な写真やハンセン病のことがわかるパネルの展示、DVD放映のほか、パンフレットや冊子も様々御用意します。
八戸市では初の開催となりますので、ラピアでの買物の機会にぜひお立ち寄りください。

日時 平成31年2月3日(日)10:00~16:00
場所 八戸ショッピングセンターラピア1階 フェスタプラザ(八戸市江陽2-14-1)
料金 無料です。お気軽にお越しください。

「ハンセン病を正しく知ろう展」~第1回

(終了しました)
厚生労働省が定める「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」(6月22日)を迎えるにあたり、ハンセン病に対する偏見や差別の解消と、ハンセン病に関する正しい知識についてみなさんに知ってもらうために、パネル展を開催します。

日時 平成30年6月18日(月)~22日(金) 8:30~17:15(18日は10:30から。 22日は15:30まで)
場所 県庁北棟1階ロビー

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生課感染症対策グループ
電話:017-734-9284   FAX:017-734-8047

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度