ホーム > 保健・医療・福祉 > がん・生活習慣病対策 > 第二期青森県がん対策推進計画

更新日付:2013年4月2日 がん・生活習慣病対策課

第二期青森県がん対策推進計画

はじめに
県では、平成20年5月に策定した「青森県がん対策推進計画」に基づき、県民の皆様、関係機関・団体等の御理解と御協力をいただきながら、がんの一次予防対策やがん検診の推進、がん診療連携拠点病院を中心としたがん診療水準の向上と地域連携の推進等に取り組んできました。
しかし、がんの年齢調整死亡率は依然として全国で最も高い状況にあり、さらなる対策が求められています。また、平成24年6月に閣議決定された「がん対策推進基本計画」では、小児がんや働く世代への支援といった新たな課題への取組が示されました。
こうしたなか、終期を迎えた「青森県がん対策推進計画」に基づくこれまでの取組の成果や課題を踏まえ、平成25年度からの5か年を計画期間とする「第二期青森県がん対策推進計画」を策定しました。
「第二期青森県がん対策推進計画」では、本県のめざす姿を「がんを知り、がんと向き合い、がんを乗り越えられる社会」とし、生活習慣の改善等によるがんの一次予防や早期発見・早期治療のための二次予防対策に今後も重点的に取り組むほか、がんの実態に基づく的を絞った戦略的ながん対策を一層推進するための研究・分析の推進や、がん医療の均てん化とがん診療体制の更なる充実・強化のための仕組みづくり等を新たに盛り込みました。
本計画は、がん対策の基本方針であると同時に、がん患者を含む県民、医療機関、保健医療関係団体、市町村等の幅広い関係者が、がん対策に取り組むための基本指針です。今後は、本計画に基づき関係者等が主体的にがん対策に取り組むとともに、相互に連携し、一丸となってがん対策を推進していきます。
最後になりますが、本計画の策定にあたり多大な御尽力をいただきました青森県がん医療検討委員会の委員の皆様をはじめ、貴重な御意見、御提言をいただいた県民の皆様に厚くお礼申し上げます。

平成25年3月 青森県知事 三村申吾
  • 計画見直しの趣旨と見直しにあたっての基本方針
  • 計画の位置づけ
  • 計画の期間
  • めざす姿
  • 重点的に取り組むべき課題
  • 全体目標
  • 施策の体系
  • 計画の進行管理及び評価
  • 生活習慣の改善と感染に起因するがんの予防
  • がん検診受診率等の向上とがん検診の精度管理及び質の確保
  • がん医療の充実
  • 情報提供と相談支援機能の充実
  • がんの教育・普及啓発
  • がん登録の充実と研究の推進
  • 小児がん
  • 働く世代への支援

この記事についてのお問い合わせ

がん・生活習慣病対策課 がん対策推進グループ
電話:017-734-9216  FAX:017-734-8045

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度