ホーム > 保健・医療・福祉 > 健康福祉政策・包括ケア > 「青森県地域福祉支援計画【第二次】」について

更新日付:2018年6月14日 健康福祉政策課

「青森県地域福祉支援計画【第二次】」について

計画策定(改定)の趣旨

 県では、平成19年3月に「青森県地域福祉支援計画」を策定し、市町村をはじめ関係機関と連携して各種施策を推進してきましたが、近年の社会状況の変化や新たな課題に対応するため、平成29年3月に計画を改定し、「青森県地域福祉支援計画【第二次】」を策定しました。

計画の目標

 一人ひとりのいのちが輝き、人と人がしっかりとした絆で支え合う青森県型地域共生社会の実現

基本方策

 1 サービスを利用しやすい あおもり福祉の体制づくり
 2 地域福祉を担う あおもり福祉の人材づくり
 3 共に支え合う あおもり福祉の地域づくり

計画の期間

平成29年度~平成32年度

計画の性格

 この計画は、社会福祉法第108条に基づき、市町村が策定する「地域福祉計画」の推進を支援するために策定するものです。
 また、本県の基本計画である「青森県基本計画未来を変える挑戦」に掲げる「生活創造社会」の実現を、地域福祉の観点から推進する計画となるものです。
 この計画では本県における地域福祉に係る施策を広域的、体系的に推進していく基本的方針を示しています。
 

 ・青森県地域福祉支援計画【第二次】[1240KB]

 ・青森県地域福祉支援計画【第二次】概要版[759KB]

市町村地域福祉計画の策定の支援

 この計画のほか、市町村地域福祉計画の策定時の基本的な留意事項等を整理した「市町村地域福祉計画支援ガイドライン」を作成しています。

地域福祉の推進に向けた青森県民の意識に関するアンケート調査の結果について

 県民の皆様の地域福祉に関する意識等を把握するため、アンケート調査を実施し、その結果をまとめましたので報告します。

1 調査目的
 青森県地域福祉支援計画【第二次】の実施状況を適正に評価するとともに、本県の地域福祉に関する課題を把握し、課題に対応した効果的な対策を講じていくための基礎資料とすることを目的に実施しました。

2 調査時期及び回答状況
(1)県民向けアンケート
【調査時期】平成29年12月7日~平成29年12月28日
【調査対象】青森県内に在住する20歳以上の県民2,000名
【主な調査項目】
・地域とのつながりについて
・地域の支え合いについて
・福祉教育について
・ボランティア活動について
・社会福祉協議会や社会福祉法人との関わりについて
・権利擁護について
・福祉・介護人材の確保育成について
・外出手段等について
・今後の地域福祉のあり方について
【回答者数】1,088名
【回収率】 54.4%

(2)相談支援機関向けアンケート
【調査時期】平成29年12月13日~平成29年12月28日
【調査対象】
 青森県内の地域包括支援センター、障害者相談支援事業所、地域子育て支援拠点事業所、生活困窮者自立支援制度の自立相談支援機関、母子健康包括支援センター、社会福祉協議会、青森県男女共同参画センター、青森市男女共同参画プラザ、青森県女性相談所の計328ヶ所
【主な調査項目】
・他分野の相談や複合課題への対応について
・コミュニティソーシャルワーカーについて
・福祉サービスの自己評価について 
【回答機関】218機関
【回収率】 66.5%
【調査結果】

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉政策課 地域福祉推進グループ
電話:017-734-9281  FAX:017-734-8085

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度