ホーム > 保健・医療・福祉 > 健康福祉政策・包括ケア > 社会を明るくする運動について

更新日付:2015年4月20日 健康福祉政策課

社会を明るくする運動について

社会を明るくする運動とは?
 “社会を明るくする運動”はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする法務省主唱の全国的な運動です。強調月間(7月)に全国的に展開されます。
行動目標
  • 犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
  • 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう
重点事項
 平成26年12月16日犯罪対策閣僚会議決定「宣言:犯罪に戻らない・戻さない」を踏まえ、犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく、再び受け入れることが自然にできる社会にするため、以下のとおり定めました。
  • 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと。
  • 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと。
お問い合わせ先
 社会を明るくする運動に関しては、青森保護観察所へお問い合わせください。
   青森保護観察所(青森法務総合庁舎内)  TEL017-776-6419
  
関係リンク先

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉政策課・包括ケア推進グループ
電話:017-734-9281  FAX:017-734-8085

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度