ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 青森県公文書センター > 青森県公文書センター

更新日付:2016年4月13日 青森県公文書センター

青森県公文書センター

青森県公文書センターの概要

 青森県公文書センターは、歴史資料として重要な公文書その他の文書(歴史公文書)を保存・管理し、一般の方々の利用に供していくための機関として、平成25年12月20日に設置されました。
 同センターは、県の各機関から、業務上の保存期間が満了した歴史公文書について、随時、移管等を受けていくこととしています。

施設の概要

○所在地  
 〒030-8570 青森市長島一丁目1-1 青森県庁舎北棟1階(青森県総務学事課・県政情報センター併設)

○所蔵資料数
 1,195冊(平成28年3月25日現在)

使用時間

月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで
ただし、県庁の閉庁日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日))には、使用できません。

「歴史公文書」

 「歴史公文書」とは、後世に残すべき対象となる歴史資料として重要な公文書その他の文書をいいます。
 また、「公文書」とは、国や地方公共団体の事務として処理すべき全ての文書を指します。県では、県政の歴史的事実に関する記録として県民が利用するにふさわしい文書については、公文書に限定せず、これに類する文書も歴史公文書として扱うこととしています。

「特定歴史公文書」

 「特定歴史公文書」には、次の3つの種類があります。 

1 保存期間が満了した後、県の各機関から公文書センターに移管された歴史公文書
2 保存期間が満了した後、県の各機関において歴史公文書として特定して保存しているもの
3 法人その他の団体又は個人から公文書センターに寄贈され、又は寄託された歴史公文書

 「特定歴史公文書」は、一般の方々の利用に供するため、統一的なルールで管理し、原則として永久的に保存されます。

特定歴史公文書の目録

特定歴史公文書の利用

開示請求による閲覧、写しの交付
 特定歴史公文書は、青森県情報公開条例又は青森県個人情報保護条例に定める手続により、開示請求をすることができます。

※ 開示請求の手続については、「 行政文書の開示請求 」(請求する方が、御自分の個人情報について開示請求する場合は、「 保有個人情報の開示請求 」)のページを御覧ください。
○開示請求書の提出先

・公文書センターが移管を受けて保有する特定歴史公文書の場合

 公文書センター

・その他の機関が特定して保存する特定歴史公文書の場合
 「 行政文書の開示請求 」又は「 保有個人情報の開示請求 」)のページの説明を参考にしてください。
 なお、御不明な点については、お気軽に公文書センターにお問合せください。

交通案内

公文書センター周辺地図
・JR、青い森鉄道御利用の場合→青森駅から徒歩10分
・青森市営バスを御利用の場合→県庁通りバス停留所で下車徒歩2分

関係規程

この記事についてのお問い合わせ

青森県公文書センター(青森県総務学事課・県政情報センター併設)
電話:017-722-1111(青森県庁代表)内線6074,6075,6076  FAX:017-734-8013
住所:〒030-8570 青森市長島一丁目1-1(県庁舎北棟1階)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度