ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 行政経営管理課 > ネーミングライツについて

更新日付:2019年9月17日 行政経営管理課

ネーミングライツについて

1 ネーミングライツとは

 ネーミングライツとは、文化施設、スポーツ施設などに企業名や商品名などの愛称を付け、企業がそうした施設の設置者に対価を支払うものです。

 企業にとっては、ネーミングライツで付けた愛称が、施設を使用する人の目にふれるのはもちろん、その施設で開かれる大会・イベントの告知や宣伝を通じて、報道メディアに多く取り上げられることで、知名度が上がります。

 県や市町村などの地方自治体が設置した施設の場合は、公共的な施設のサービスの維持・向上を企業が支えるという側面から、社会貢献活動として認められ、企業イメージが高まります。

 県にとっては、県の施設の維持・向上に充てる収入が安定的に確保されることから、施設のサービス向上や、新たな文化・スポーツ事業を推進することができます。

2 実施中の施設

現在、ネーミングライツを実施中の施設はこちら

  • 盛運輸アリーナ(県営スケート場)
  • マエダアリーナ(新青森県総合運動公園総合体育館(青い森アリーナ))
  • カクヒログループアスレチックスタジアム(新青森県総合運動公園陸上競技場)
  • ワイエスの森 階上(県民環境林)

3 募集情報

※現在のところ、企画提案募集はしておりません。

この記事についてのお問い合わせ

行政経営管理課
電話:017-734-9107  FAX:017-734-8014

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度