ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 新産業創造課 > あおもりヘルシーライフフード 商品開発モデル企業を募集します

更新日付:2020年7月15日 新産業創造課

あおもりヘルシーライフフード 商品開発モデル企業を募集します

 県では、県民の健康寿命の延伸に向け、県産食材を使用した加工食品等により健康的な食生活が実現可能な食環境を整備するため、「あおもりヘルシーライフフードプロモーション推進事業」を実施しています。この事業は、県内企業による健康志向及び簡便・時短等の消費者ニーズに対応した「あおもりヘルシーライフフード」の商品開発・販売の促進に取り組む県内企業の活動を促進しようとするものです。

 今年度、県内企業の中から「あおもりヘルシーライフフード」のモデル商品開発に取り組むモデル企業を3社募集します。モデル企業へは、全5回の商品開発会議を通して、アドバイザーによる商品開発、表示・広告等に関するアドバイスを実施し、完成したモデル商品はマスメディア等を活用して県民・県内事業者へPRします。

開発テーマ

以下の開発テーマの中から、希望するテーマを選んでご応募ください。(3社選定予定)
※なお、募集する3社のうち1社は、(4)機能性表示食品の開発に取り組む企業を優先的に選定します。
(1)減塩食品
(2)低糖質食品
(3)栄養機能食品
※1日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品。
(4)機能性表示食品
※事業者の責任において、科学的根拠に基づいた食品の機能(健康の維持及び増進に役立つなど)を表示した食品。

支援内容

【全テーマ共通】
<費用負担>
・栄養成分分析 1回分(義務表示対象成分の分析に限る。)
<その他支援>
・年5回の商品開発会議を通した、アドバイザーによる商品開発、表示・広告等に関するアドバイス
・マスメディア等を活用した県民・県内事業者に対する完成商品のPR

また、機能性表示食品の開発に取り組む企業には、以下の内容についても本事業で支援します。
<費用負担>
・機能性成分検査 1回分(表示しようとする機能性成分の分析、原則として上限10万円を県で負担)
<機能性表示食品 届出支援>
・機能性表示食品届出に必要な資料のうち、機能性、安全性に関する資料、作業機序に関する説明資料の作成(専門家へ作成を依頼)
・モデル企業が作成する必要のある、上記以外の届出資料に対する専門家の確認・アドバイス

応募条件

モデル企業への応募に当たっては、以下の条件を全て満たしている必要があります。
【全テーマ共通】
(1)商品開発会議への参加義務
・原則として、全5回の商品開発会議に参加可能なこと。(日程は以下のとおり)
令和2年9月2日(水)、10月9日(金)、12月4日(金)、令和3年1月8日(金)、2月5日(金)※5回目(2月)は商品発表会開催

(2)開発テーマの限定
・上記の項目で掲げている「開発テーマ」のいずれかで商品開発を希望すること。
※なお、今年度はモデル企業のうち1社は「機能性表示食品」を開発する意欲のある企業を優先的に採用します。

(3)開発商品の完成期限 ※機能性表示食品は届出受理に時間を要する為、本条件は対象外
・新商品は2月までに完成し、商品発表会で発表することが可能であること。
(原則として、既存の商品をブラッシュアップすることを想定しているため。2月までに完成であれば、新規商品のエントリーも可)

(4)モデルケースとしての周知協力
・県内企業による健康志向商品開発を促すため、モデル商品の開発経緯をまとめたパンフレット等の作成に協力可能であること。
・県民の健康づくりに貢献するため積極的にPR等にも取り組む意欲があること。

なお、機能性表示食品開発を希望する企業は上記の条件に加えて、以下の条件も満たす必要があります。
(5)使用する機能性成分の限定
・すでにシステマティックレビュー(農研機構で公開されているものや素材メーカーが提供しているものなど)がある機能性成分を使用すること。

※システマティックレビューとは
データベース検索や参照文献リストなどによって臨床試験論文を取集し、そのデータを総括して評価・分析したもの。
機能性表示食品の届出の際、提出が必須となる資料。

注意事項

(1)商品開発にかかる費用はモデル企業の負担となります。
また、完成したモデル商品をマスメディア等で県民にPRする際に使用する、宣伝資材や試食、マネキンの手配等もモデル企業で準備することとなります。
※なお、テレビCMはモデル企業及び県と協議のうえ、事務局で制作及び放送します。

(2)商品開発会議では、専門家による助言・アドバイスを行いますが、最終製品に関する各種法令の遵守義務はモデル企業にあります。

また、機能性表示食品の開発を希望する企業は以下の事項にも同意の上、ご応募ください。

(3)機能性表示食品は届出受理に時間を要することから、2月までの完成を必須としていません。
ただし、2月までの完成に間に合わなかった場合は、商品発表会(マスコミオープン)等で「機能性表示食品取得に向けて取り組んでいます」というように、途中経過を発表することになります。

(4)本事業は、今年度中の期間内において、届出するところまでを支援しますが、その後も機能性表示食品の届出受理までにはモデル企業の継続した取組が必要となります。

申込期限

令和2年7月31日(金)

申込先、参加申込書

応募に当たっては、「あおもりヘルシーライフフード商品開発モデル企業 参加申込書」に必要事項を記入の上、、下記申込先まで申し込みください。
なお、選定された企業には8月中旬を目処に事務局より直接連絡します。(選定されなかった場合は書面で連絡しますが、不服の申し立てにはお応えできません。)

【申込先】
あおもりヘルシーライフフード事務局((株)RABサービス内) 担当:福士
FAX:017-742-7711 E-Mail:m-hukusi@rab-service.co.jp

あおもりヘルシーライフフード商品開発モデル企業 参加申込書ワードファイル[55KB]

なお、機能性表示食品の開発を希望する場合は、併せて以下の申込書も提出してください。
機能性表示食品希望者用  参加申込書2ワードファイル[40KB]

この記事についてのお問い合わせ

新産業創造課 ライフイノベーション推進グループ
電話:017-734-9420  FAX:017-734-8115

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度