ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 食の安全・安心に関するリスクコミュニケーション(意見・情報の交換)

更新日付:2018年12月14日 食の安全・安心推進課

食の安全・安心に関するリスクコミュニケーション(意見・情報の交換)

食の安全・安心に関して、気になっていること、ありませんか?

・やっぱり放射性物質が心配…
・食品の表示って何が書いてあるの?
・農薬や食品添加物、遺伝子組換え食品って安全なの??
などなど…

 これらの疑問や不安の解消には、食品を摂取することで生じるリスク(健康被害が起きる危険性やその確率)について、正しい知識を得ることが重要です。
 そこで、県では、消費者、事業者、行政担当者などの関係者の間で、リスクに関する情報や意見をお互いに交換する「リスクコミュニケーション」を実施しています。

 食の安全・安心に関して、気になること・説明して欲しいことがありましたら、食の安全・安心推進課 安心推進グループ までご相談ください。
 電話: 017-734-9352 FAX: 017-734-8086
 SANZEN@pref.aomori.lg.jp

■平成30年度の取組

平成30年度のリスクコミュニケーション実施状況
*平成29年度の取組はありません。

■平成28年度の取組

平成28年度のリスクコミュニケーション実施状況

■平成27年度の取組

平成27年度のリスクコミュニケーションの実施状況

■平成26年度の取組

食の安全・安心に関するリスクコミュニケーションを開催しました
食の安全・安心に関するリスクコミュニケーションの様子
日時:平成26年9月5日(金) 10時00分~12時00分
場所:ラ・プラス青い森 2階「カメリア」 

 今回は、内閣府食品安全委員会から、石井 克枝 委員(千葉大学教育学部教授:食物学、調理学、家政学)をお招きし、「食品のリスクマネジメント@キッチン」と題して、
・洗う、切る、加熱する等、調理には、おいしくするためだけでなく、食材を安全に食べられるようにするという重要な意味があること
・キッチンからリスク管理のポイントとなるハザード(危害要因)について考え、キッチンにおいて食品のリスクを減らす方法
について、御講演いただきました。

 参加者は120名を超え、アンケート結果では、「日常の生活に密接に関係している内容で、わかりやすかった」「安全で安心な食事づくりに気をつけていきたい」などの感想が寄せられました。

 このほか、生産段階における食の安全・安心に関する県の取組を紹介したほか、特定利営利活動法人青森県消費者協会から消費者被害防止と消費者教育推進について情報提供しました。
  • 講師の石井委員
    講師の石井 克枝 委員
  • 県の食の安全・安心に関する取組を紹介
    県の食の安全・安心に関する取組を紹介
  • NPO法人青森県消費者協会の小笠原常務理事
    NPO法人青森県消費者協会からの
    情報提供
平成26年度のリスクコミュニケーション実施状況
平成25年度以前のリスクコミュニケーションの取組については、こちらをご覧ください。
(別ページで開きます)

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課
電話:017-734-9352 FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度